2009年 03月 06日
完成します。
b0054702_13401358.jpgちょっとフライング気味なのだけど、あんまり嬉しいので少し。

ナウエリートのCDが完成します!! 今、業者に出してますが、今月の28日のライヴにギリギリ間に合いそうです。いやー嬉しいなー。

まずね、何と言ってもジャケが良い!! この画像で伝わるでしょうか、、。
デザインをお願いしたミオさんから送られてきた草稿を見て、僕は思いっきりテンションが上がりました。
このイラスト/ドローイングは、津田一美さんという方の作品だそうです。僕は、失礼ながら全く存じ上げてなかったのですが、田尻さんのアイディアで実現致しました。本当に素敵です。

僕は、決して絵画やイラスト、デザインなどに通じている人間ではないですし、また、それをうまく表せる言葉を持ち合わせてもいないのですが、でもこのジャケットを見て、ちょっとショックを受けてしまいました。このCDの質自体を何倍にも持ち上げてくれるような、そんな気さえしています。
なんというか、繊細に描かれながらも、一つ一つのタッチが楽しげで生き生きとしていて、そんな色使いの中にどこか凛とした雰囲気が漂っているような、眺めていると思わずすうっと引き込まれてしまう、そんな素敵な作品です。
このオモテ面だけではなく、内ジャケや裏ジャケも本当に素敵ですので、是非手に取って見て頂きたい、そんな風に思います。

そして、いきなりギリギリの締め切り付きでデザインをお願いしてしまったミオさんの仕事振りにも、僕はちょっと畏敬の念を感じてしまいました。正に電光石火、って死語か(笑)!?
まぁ、もちろんミオさんはプロのデザイナーなワケで、そんな人に、いやぁ、プロ仕事ですねー、なんて言うのは逆に失礼に当たるのかもしれませんが、でも、特にコレといった技術や知識を持たない僕にとっては、この年までぼんやりと過ごしてしまった事をちょっと後悔させて余りある(?)、見事な手腕でした。
ていうか、ホントに僕なんかがもしやってたら一週間くらいあーでもないこーでもないとグダグダ考えた挙句、また振り出しに戻ったりなんかして、結局間に合わない、なんてことになっていたでしょう、マジで。比較するのもおかしな話ですが。

あと、前もちょっと書いたけど、やはり田尻さんの唄がよいのです。もうね、ホント良いですよ。
はっきり言って音程とかリズムとか色々結構危うい(笑)のだけれど、それを補って余りある、というかそれだかこそ、なのかちょっとまだうまくアレなのだけれど、とにかくもう堪らないのです。
なので、ちょっとそれはまた後日にでも。
[PR]

by marr_k | 2009-03-06 13:43 | Comments(0)


<< Art Blakey#15      こちらも是非 >>