2010年 10月 23日
ネクスト
次はこれだ!!

b0054702_30163.jpg10/10/28(Thu.)
Doit Science@熊本Django
Rock Bar DAYS presents...”Crazy Diamond vol.8"

open18:00 start18:30
ticket:¥2500/¥3000(1drink order)

with:
・mike watt + The missingmen(US)
・Adebisi Shank(Ireland)
・LITE(tokyo)
・trial error
・Kudoanova


これは凄いメンツだ!!
どのくらい凄いかっていうと,とりあえずプロフィールを載せようか思ったけど、それが何だかかなりの長さになってしまいそうで思わず躊躇してしまう程、凄いってことです。
しかも、海外2バンドに関しては、なぜか日本語の公式プロフィールみたいなのが見付からない、、。てことは、かなりDIY招聘に近い形なのかな?

ともかく、僕なりにザックリいきましょう。

まずは、僕的な今回の一番の驚きは、なんとマイク・ワットのバンドのギターが、レッド・クレイヨラ(Red Krayola)に長く参加しているトム・ワトソンだった、てこと!! なんてこったい、知らなかった!!。
いや、何気にmike watt + The missingmenmyspaceをチェックしてて、何だかヘンテコな曲だしなんかヘンなギターだなー、なんて思ってよくクレジットを見てみたら、そうだったという。
これは俄然楽しみです!!

b0054702_3303133.jpgそういえば、マイク・ワットがやっていたミニットメンについては、僕はSonic Youthのヒストリー本で知りました。もう10年位前かな。
ミニットメンは、かなりストレンジなバンドとして紹介されていて、その本に出てくる膨大なバンドの中でもトップクラスに気になるバンドでした。ちょっと今手元にその本がないのですが、確か、ジャズを取り入れた突然変異的なハードコアで、複雑怪奇な曲構成なのにどれも一分未満、みたいな(笑)。ほら、気になるでしょ(笑)?
それこそ、むしろ最近のポスト・パンク的なバンドのプロフィールなんかに出てくるような紹介のされ方。

でも、ミニットメンのCDなんて全く手に入らなかった!! もう見たことすらない(笑)。もちろん今みたいにネットで知れたりもしないので、幸か不幸か、本当に伝説の、、という感じになってしまいましたね(笑)。ブラック・フラッグとかビッグ・ブラックとかは日本盤が出てたんだけどね。

ともかく、ミニットメンの不幸な解散の後もマイク・ワットはバンドを続けます。それも、当時と同じくハードなDIYツアーを続けているそうです。
最近出た「Sweet Dreams」という本に、ちょうどマイク・ワットのインタビューが載っていまして、彼のDIYを貫く姿勢に甚く感激させられました。未だにツアーから人生を発見し、また新たに学ぶ、と言い切る彼の言葉は、非常に深みがあり、また軽やかですらあります。現在52歳とのこと。
僕らなんてまだまだこれからだなぁ、なんて思います。

b0054702_3362556.jpgちなみに、この「Sweet Dreams」という本、雑誌?は今回の4号目。昔、ん、今もやってるのかな?「Map」や「After Hours」という雑誌を作っていた人の本。今時、字がぎっしり詰まった本です(笑)!! 熊本では、お馴染みピーナッツレコードで買えますので、気になる方は是非。

ちょっと長くなりましたが、、、海外からのゲストもう一つはアイルランドよりADEBISI SHANK(アドビシ・シャンク)というバンド。僕は、名前は聞いたことがありましたが、音は今回初めてチェックしました。
いわゆるポスト・ハードコアやマス・ロック的なバンド。
例えば、Hella(なんかこのブログでよく名前が出るような、、)やLightning Boltなんかと並べて紹介されているようですが、僕的には、もうちょっとストレートな変態性(?)が特徴なのではないかな?と思います。割りに分かりやすそうだし、それ以上に何だか楽しそう!!な印象です。てことは、何よりライヴを観なければ!!てことではないでしょうか。こちらも大いに期待してます。

さて、いきなりザックリし過ぎてる感じがしてアレですか(笑)?
もう一つゲスト、というか、本来は、このバンドのリリースツアーですよね? 世界的に活動をしている東京よりLITEです。
このバンドも同じく名前は知っていたのですが、音をきちんとチェックしたのはやはり今回が初めて。
いやぁ、これは良さげですね!!
やはり、こちらもポスト・ロック~マス・ロックという区切りになってくるのでしょうが、いや、 ぶっちゃけこの系のバンドは、ホントにただ海外の雰囲気や方法論だけをなぞっただけのバンドとかも多くて、なかなかフェアに聴くことが難しかったりするのだけれども、LITEは、何と言うか、ナチュラルボーン・プログレッシヴな感じがするのです。
過剰なほど複雑な楽曲が、過剰なほどのテクニックと情緒で、バキバキと鳴らされる感じが非常に良い!! そして、やはりライヴが凄いらしい!! こういうバンドこそライヴでしょう。そんな感じで、こちらも滅多に見れない機会。楽しみ。

さて、今回のイベントは、熊本のRockファンのオエイシス、Rock Bar Days主催です。僕らは、今回ようやく出ることが出来ました。本当にありがとうございます。
地元からは、復活以来また以前のやたらなペースが戻りつつあるtrial errorと、ライヴ会場ではお馴染み(笑)、ほとんど初ライヴなのでしょか!? 下田さんが参加しているKudoanovaが共演です。

では、当日お会いしましょう!!
[PR]

by marr_k | 2010-10-23 03:08 | Comments(0)


<< ソンケイ      等倍で眺める >>