2010年 12月 06日
Art Blakey#21
もう今週です。改めてお誘いを。

10/12/9(Thu.)
『Art Blakey#21』~Rachael Dadd & Ichi 「Clapping Tour 2010」~@NAVARO
open 19:00 start 19:30
ticket:¥1800(1D.order)


cast:
Rachael Dadd(ブリストル)
ICHI(名古屋)
いんぱらのヘソ(福岡)
Zemankova
Doit Science
DJ
・IDE(peanuts records)
TsuKoNin(aka PaiSen)


まずは、英国はブリストルからのゲスト、レイチェル・ダッド。

b0054702_343475.jpgRachael Dadd(レイチェル・ダッド)
英国・ファーナム出身。ブリストル在住。ギター、バンジョー、ピアノを演奏。
17歳でファーストアルバムをリリースし、音楽活動を本格始動。04年からブリストルに移り、WHALEBONE POLLYやTHE HANDなどのサイド・プロジェクトも開始。また、ハンドメイド・ブランドMAGPIEを立ち上げ、音楽や手芸など幅広く精力的な創作活動を行なっている。ソロとしては3枚のアルバムと、ミニアルバムを発表。
カフェやギャラリー、シネマ、走行中の列車内などでのライブが口コミで評判を呼び、全国35カ所以上でのライブを実施。MAGPIEブランドやアートワークのエキシビジョンも各地で行い、大きな反響を呼んだ。また、GONTITIの30周年アルバム「VSOD-very special ordinary days」に唯一のゲスト・ヴォーカルとして参加している。



レイチェルは、これまでに二度熊本にも来てまして、僕は、その二回とも観たのだけど、ホントに凄い良いですよ。
心洗われる歌声と佇まい。初回に観たときは、本当に何の予備知識も無く観たのですが、すっかり魅了されてしまいました。
ちなみにその時のレポートがこちら。参考までに。2年ちょっと前なのですね。

僕の曖昧なレポートだけというのもアレなので、こちらもどうぞ。なんと最新の映像です!!



良さげでしょ? もうこれは是非観ていただきたいです。生で観るとまた格別ですよ。空気感が違います。


そして、この映像でレイチェルの後ろでスティール・パンを演奏している男性がICHIさん。
まずはプロフを。

b0054702_3462952.jpgICHI
2005年、1stアルバム「mono」をcoupレーベルからリリース。
沖縄から北海道まで全国各地でライブを展開し近年では、イギリスを中心にオランダ、ベルギー、フランス、ドイツ、スイス、イタリアでツアー行い、UK最大規模のグラストンベリーフェスティバルに2年連続出演するなど精力的に活動中。
スティールパン、木琴、鉄琴、トランペット、メロディカ、風船、タイプライター、声、自作楽器などを一人で自在に演奏し、おもちゃ箱をひっくり返したようなステージングをみせる、ひとり楽団ICHIのリトルワールドポップミュージック!!!
2010年11月に2ndアルバム「memo」をリリース予定。


この方は名古屋在住なのかな? のうしんとうというダブっぽいバンドにも参加されている模様。
確か少し前に福岡には来られたことがあって、僕は結局観れなかったんだけども凄い気になっていたのです。こちらも映像をどうぞ。



楽しそうでしょ?
様々な楽器を、そして楽器じゃないものまで自在に操って、自由な音楽を奏でるICHIさんのパフォーマンスは必見ですよ。ユーモア満載で、ちょっと大道芸っぽい雰囲気がまた良いなー。


更に今回はゲストがもう一つ。福岡よりいんぱらのヘソ。

b0054702_3494214.jpgいんぱらのヘソ
有田桃子とさのようこ。チェロとタイコと声の掛け合い。ひっそり静かに奏でられるアンバランスなメルヘン。そっと聞き耳を立てて、隙間からこそりと覗いてみて下さい。


いんぱらのヘソは、こないだの8月にUTEROでご一緒しまして、それが凄い良くて、思い切ってお誘いしてしまいました。もうホントに独特の世界。
何というか、本来の意味でのメルヘンというか、ちょっとおどろおどろしい感じがまた凄く良いのです。耳を澄まして聴いてほしい。一気に惹きこまれますよ。


そんな豪華ゲスト陣に対しまして、地元からは久々にZemankova(a.k.a アフロチカ)に出てもらいます。

b0054702_3505895.jpgZemankova
結婚~出産を経て、独特の感性がより研ぎ澄まされたアフロチカによる一人ユニット。
日常と非日常の境を漂う寓話的フォークロア・サウンドは多くのアーティストを魅了している。


何だか今回新兵器導入とのこと!? ますます独自の世界に深みが増している模様です。
最近また以前のように音楽やアートへ没頭しつつある彼女のライヴは見逃せません。


もう一つ。この日はもうお一方ゲストが。先日のトークライヴも盛況だったお馴染みpeanuts recordsイデさんにDJをやって頂きます!!
遂にお子さんが生まれたばかりのイデさんに、幸せをお裾分けしてもらいましょう(笑)。
あ、もちろんレジデントDJの通行人もいますよ!! 最近はすっかりパイセンとして各地でリスペクトされている模様。プレッシャーをガンガン掛けましょう(笑)。


こんな感じで、特別な夜になりそうです。この日は、PAを最小限に抑えて、出来るだけ生の音を聴いてもらえれば、と思っています。是非。
[PR]

by marr_k | 2010-12-06 03:56 | Comments(1)
Commented by rift platinum at 2013-06-18 07:57 x
i have forever received such rift platinum inside greyish for your year or so at present and they've passed through Lots and look Impressive! once they gotten fully saturated together with subsequent to giving these people seem dry looking for one day we were looking at alright. simply put i bring them just about everywhere! i had propose that you will also have the waterproofing vaporisateur, it again keeps a rift platinum through yellowing. in general my personal favorite rift platinum Truly and also wholly worthy of the funds! : <Three or more


<< 暗闇の奥で      黎明 >>