2011年 02月 18日
道なり
んー、日が経つのが早いぜ。
右サイド更新してますので、是非チェックを!!
色々ありますよー。

さて、先月から今月始めに掛けて、すっかり冬型の気圧配置にやられまして、なんやかやと滞っておりましたので、それを取り戻すべく軽やかに動き出したいと思いつつもう今月も半ば過ぎ。

b0054702_2392290.jpgざっくり思い返すと、やはりまずは今年一番最初のグッド・ミュージック、Autumnleafの新譜「the foot」でしょう!!
これ凄い良いですよ、マジで。
いや、ぶっちゃけ一聴するとホントに地味(、、笑)な印象なのですが、3回目くらいからズブズブきます。
丁寧に丁寧に録られた音一つ一つが空気に染み渡るように響いてくる、そんな良盤です。

しかし、最初聴いたときは、何故ここまで地味に!?とちょっとバンドで議論(?)になったくらいなのですが、いやこれは、逆にメチャメチャ挑戦的なアルバムなのかもしれません。

例えば、荒削りな初期の作品が大きな評価を得て一定の成功を収めたアメリカのインディーバンドが、その後様々な変遷を経て、辿り着いたギミック抜きの味わい深いアルバム。もうそれこそ4枚目とか、セールス的にはイマイチだったけど、、とか、そんな感じの。後でファンに発見され高い評価を得る、みたいなそんな素晴らしさ。

このアルバムは、Autumnleafにとって2枚目のアルバムになるのだと思うのだけど、彼らは、もうそんな境地に挑み、見事に作り上げたのです。
しかも、ここはローカルネットワークが発達したアメリカではなく無駄に中央集中国家の日本。彼らは東京から遠く離れた福岡在住。そこで、敢えてこんなアルバムを作るなんて、、。僕は、その真摯な姿勢と心意気に胸を打たれざるを得ません。

実は、最初聴いたときに、もうちょっと色気のあるアレンジ、というプロデュースをした方が良かったんじゃないか、、なんて思ったりしました。そして、狡賢い僕は、このアルバムに魅せられた今でも、ちょっとそう思ったりします。

でも、それは違うのです。

彼らは、前作から明らかな音楽的な深化を経て、この境地に辿り着きました。そして、それを全くそのまま音に封じ込めたのです。これは、なんて挑戦的なことなのでしょうか。
もう本当に是非とも多くの人に聴いてもらいたいです。最初はやはり地味だな、と思うかもしれません。
でも、家のオーディオで、車の中で、街を歩きながらiPodで、何度か繰り返し聴くうちにふと気付くはずです。これは何て良いアルバムなんだろう、と。

リリース元はもちろん彼らの自主レーベル"wood/water music"。Amazonなんかでも買えますよ。是非。


そういえば、グッド・ミュージックといえば、もう大分経ってしまいましたが、昨年末にpeanutsrecords/イデさんから声を掛けていただきまして、恒例の2010年のベスト10企画へ寄稿させていただきました。
ただ、実は昨年2010年は、悲しいかな僕的には凄く不作、、な年で、一人で10枚はちょっと厳しくて、バンドで分けまして、一人3枚づつピックアップという形にさせていただいた次第です。

その内容は、こちらサイトを見て頂ければ、と思うのですが(実は、結構な豪華メンツにまぜてもらっていたのです、、(汗))、なんと2010年リリースの作品でメチャメチャ良いものに年明けに出会ってしまいました(笑)!!
いや、ていうか、ちゃんと(?)去年の割りにリリース直後くらいに聴いてはいたのですが、何故だかその時はたいして引っかからなくて、何回もまともに聴かないまま存在すら忘れていたのです、、。
なんでだろ、、。
で、最近あれ?と思って何気に聴き直してみたら、もうともかくメチャメチャ良い!!
僕的には、昨年リリースの中では圧倒的一位(笑)。
今更なに言ってんの!?なんて思われそうですが、ホントにやたら最近聴いているので、敢えて紹介させてください。

b0054702_3394112.jpgMorning Bendersの「BIG ECHO」というアルバムです。

もう曲良し、アレンジ良し、音質良し、ともう何だか完璧なアルバムのような気がしています。プロデューサーは、またもやGrizzly Bearの人。というか、まるでGrizzly Bearのアルバムのような雰囲気なので、かなり貢献度が高いと思われます。しかも、一昨年くらいに出たGrizzly Bearのアルバムよりも全然良い、みたいな(笑)。
このMorning Benders自体のプロフィールについては、実はあまり知らないのですが、Grizzly Bearと同じくちょっとグラムっぽい雰囲気の楽曲がかなり僕好み。そして、教会の中のようなどこか厳かなリバーブが堪りません。ちょっとオールディーズというか往年のアメリカン・ポップスのようなコーラスのアレンジも効いています。
やはりブルックリンのバンドなのかな? ていうか、もう最早そんなのどうでもいい。なんて良いアルバムなんでしょ。これも、まだの方は是非。

実は、僕、結構最近までジャケットの印象で「BIG ECHO」という名前のバンドかと思ってました(笑)。

つづく、、。
[PR]

by marr_k | 2011-02-18 02:45 | Comments(0)


<< かれもがみんな悩みを抱えている      大団円 >>