2011年 07月 05日
奇跡に近い
さて、またまた告知です(笑)。
もう今週なのですが、いや今回のは本当に凄いです。奇跡、に近いくらい、マジで。

b0054702_16515871.jpg11/7/7(Thu.)
Doit Science@NAVARO「EARLYEARS SPECIAL!]
-Parts&Labor Japan Tour 2011-

open 20:00 start 20:30
charge:1800yen/2300yen(+1D.order)

with:
・Parts & Labor (from NY,Brooklyn)
・Mice Wet Shoes
・Cynicalsmileisyourfavorite


Parts&Labor:
共同プロデュース&ミックスにデイヴ・フリッドマンを迎えて今年3月にリリースされた通算5枚目となる最新作『Constant Future』も大好評のパーツ・アンド・レイバー、待望の初来日が決定。
響き渡るノイズ、躍動するリズム、そして強力なフックを持ったメロディー。
ポスト・パンク、ポスト・ロック、ガレージ、ハードコア、インダストリアル、ダンス・ミュージック…あらゆる要素を吸収し、絶妙なバランス感覚でまとめられた唯一無二のノイズ・ポップ・サウンドが生まれた。
2002年の結成以来、群雄割拠するブルックリンで長年にわたり熱烈な支持を受けているバンドの、今の姿を思う存分見せつけてくれるだろう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

いやありえないでしょ?

実は、結構前にジュン君から話をちょろっと聞いたときは、ちょっと前のエントリーで触れた九大のNewホープ、オマー君が知り合いのノイズの外人を呼ぶからヨロシク、みたいな話で(笑)、なんやよう分からんけどまたアングラな人が来るんかねー?みたいな感じだったのですが、日が近づいてきて詳細を聞いてビックリ!! えぇ、Parts&Labor!? 知ってるよ!! 新譜はデイヴ・フリードマンがプロデュースしてんの!?てな具合で本当に驚きました。

ここ数年僕らが注目し影響を受け続けているブルックリン・シーンから、本物(そう、本物のブルックリンのバンドだよ!!)がやって来るなんて、、。
これは本当に奇跡的なことかもしれません。

来日して、更に地方までツアーをしてくれるアーティスト達が、超メジャーなビッグネームと所謂DIY招聘でやって来てくれるアンダーグラウンド寄りのアーティストに二極化している昨今、多くのインディーロック・ファンにフォローされる、或いはフォローされるだろうアーティストがこんな身近で観れる機会なんて本当に貴重だと思います。しかもチケット安い(笑)!!

今回の招聘元は仙台に拠点を置くMoor Works。US/UKに限らず良質のインディー・ミュージックを日本に紹介してくれているナイスレーベルです。
前述のオマー君は今Moor Worksのスタッフとのこと。ありがとう、オマー君!!

ということで本当に楽しみです。僕らも負けないように全力でサポートします!!
是非。
[PR]

by marr_k | 2011-07-05 17:06 | Comments(0)


<< 非徒然      来て欲しい >>