「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2008年 04月 17日
RUINS alone VS 石頭地蔵&ドイ
b0054702_2354439.jpg無事に終わりました。
色々と忙しい時期にもかかわらず、観に来て頂いた方々、NAVAROのスタッフを始め関係者の皆さん、そして、どうだったのかなぁ?と気にしてくれた人達まで、本当に感謝です。

いや、凄かったですね、吉田さん。正に圧巻のパフォーマンスでした。とにかく、文字通り千手観音張りの速さに僕は圧倒されてしまいました。
そして、偏執的なまでの情報量の多さ。その点で、吉田さんが強く影響されているマグマを始めとするユーロ・プログレよりも、どちらかというと現代アメリカの突然変異的なバンド、例えばHELLALOCUST辺りを思い浮かべました。

RUINS aloneというのは、基本的に既に創り上げてあるベースやノイズ等をサンプラーで鳴らして、それに合わせて吉田さんがドラムを叩き唄うというコンセプトのようなのですが、既成曲を一人で再演、みたいなイメージなんかとは全く違い、今この瞬間に楽曲が創り上げられていくような感じがしました。むしろスポンティニアスですらあるような。
なんというか、地底の奥の方からものすごい勢いで噴き出してくる得体の知れない音の洪水を、吉田さんが無理矢理捕らえて、それを思うがままにバシバシと迷宮のような複雑怪奇な楽曲に創り上げていく、というような感覚とでも言うか。そのパワーとテクニックに溢れた手腕は、観ていて気持ち良い程でした。
そして、更にリアルタイムでサンプラーやらを操作。目の前でいくつもに分裂し襲い掛かってくるようなコーラス。
次々に溢れ出るアイディアは、あちこちに罠が仕掛けられた狭い迷路を更に長く複雑なものにし、結局、全くテンションの落ちることなく1時間くらい叩きっぱなし、みたいな。もうホント凄かったです(笑)。

打ち上げでは、一応郷土料理の出るようなお店に行き、頼んだものをみんなアレコレ批評(?)しつつ食べました。
やはり、吉田さんへ色々訊いたりとしてた訳ですが、ちょっと誰がしたのか覚えてないけども一番ナイスな質問は、「吉田さんの苦手なリズムとかってありますか?」というもの。
おぉ、これは興味深い!! あの吉田達也に苦手なリズムがあるのか!?と。
そしたら、「速い4ビートは苦手かなぁ、、。」とのこと。所謂ジャズのツーンツッタツーンツッタみたいなやつ? でも、吉田さんの言う「速い」てのは、ものすごく速いんだろなー(笑)。
あと、吉田さんがこれまで共演した日本アングラの大御所の方々についてとか。灰野敬二山本精一等々。これも非常に興味深かったです。
吉田さんは、今回の九州ツアーを一人旅的に満喫されていたようで、この日も諫早から島原まで電車に乗り、フェリーを使って一人でNAVAROまで来られました。翌日は山鹿の石仏(?)を見に行かれたそうです。確か今はヨーロッパツアー中。

今回、割に準備期間がなかったのですが、決して大人数というわけではなかったものの結構なお客さんに来て頂き本当に嬉しい限りです。地蔵とドイの共催といいながら、僕らは殆ど何も手伝えずに、地蔵の方々には申し訳ない思いで一杯ですが、、。機材持込でのイベントというのは、やはり難しいな、と改めて実感しました。
それにしても、Djangoタクミ君がPAをやってくれて、本当に良かった!! もう僕たちだけだったら、慌てふためくだけで、何も対応できずショボショボになってたんじゃないか、と思います。やっぱプロは違うなー。タクミ君には本当に感謝!!
地蔵は、ベースをPAから出していたことと、芥川さんが僕のアンプを使ったこと(芥川さんがあんな小技満載ギターを弾いているとは!?)によるものなのか、いつもより聴き易い印象でした。

b0054702_00513.gifそういえば、先日のダモ鈴木with石頭地蔵、凄い良かったですよ。僕は、録音係をやったのですが、マスタリングの際に、カッコいいなーと思いながら何度も聴き返しておりました。
その時の、ジャスト一時間に渡るダモとのインプロライヴ盤を、CD-Rにて販売するそうですので是非是非。お勧めです。オンザコーナーで買えると思います。
僕的には、地蔵のライヴが最高だったなー。メチャメチャカッコいいですよ。プレスしてきちんとリリースしても良いのでは?という程のクオリティ。まぁ、例によって芥川さんは全然駄目だ、と言ってましたが(笑)。

この日の僕たちは、我らがインテリジェンス・ドラマー小野君が風邪をひいていたこともあり、イマイチしまりのない演奏、、。でも、吉田さんに、ボソッと「面白かったよ」と言われたので良しとしよう(笑)。

次は、来月5/28、ゲストに噂のD.V.Dを迎え、久々のアートブレイキーです。ヨロシクと。
[PR]

by marr_k | 2008-04-17 23:48 | Comments(0)