<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 28日
取り急ぎ
"news"とこのブログの右サイド更新しておりますが、なんと来月二回アートブレイキーをやります。
しかも、全く傾向の違う内容、そして、ここ熊本ではちょっと中々観れないものだと思います。
是非、今のうちに日程調整を!!
近日中に、ガガッと書こうと思っておりますので、ヨロシクということで今日のところは、、。

あ、あと例のライターもアップしてみました。どうですか?
b0054702_340542.jpg
[PR]

by marr_k | 2008-07-28 23:15 | Comments(0)
2008年 07月 13日
驚きと羨望
b0054702_23145874.jpgちょっと遅くなっちゃいましたが、先日、久々にデカタンデラックスでライヴしてきました。
もう何年ぶりだろう? 多分、8年ぶりくらい!? 少なくとも、21世紀になってからは無いんじゃないかなぁ。
しかし、久々のデカタンは、ちょっと衝撃的でしたね、、。
なんというか、なんて猥雑なところなんだ、と。思わず「巣窟」なんて言葉が浮かんできてしまうほど、いかがわしくて危険な雰囲気。
あー、写真撮っときゃ良かったなー。
まぁ、昔からこんな感じのところだったのでしょうから、やはり、単純に僕が歳を取って、知らぬ間に保守的になってしまったのでしょう。
でも、もうちょっとサブカル(死語?)でお洒落だったような、、。

そして、久々のデカタンの雰囲気と同じくらいに驚いたのが、その音の良さ!!
僕の、10年近く前のデカタンの音響のイメージといえば、ほとんど生音に近くて、ボーカルなんかもあんまり聴こえなくて、中音もモニターが無いも同然、という感じだったのですが、いやいや、外音は非常にクリア、ドラムやボーカルをはじめ、各楽器が凄い良い音で、しかもパワフルに鳴るのです。んで、中音も、決して広くは無いステージなのに、非常にやり易い、そんなナイスな音響でした。はっきりいってちょっとしたライヴハウスより良いみたいな。
「なんか凄い音良いねー」なんて話をしていると、どうやらPAの方が絶頂天のスタッフで、その方に負うところが多いとのこと。
絶頂天といえば、デカタンで週何日かライヴを行っているブッキングイベント。噂には聞いていましたが、やはり、その経験と技術というのは凄いなぁ、と思った次第。こんな場が日常的に開かれいるというのは、ホントに羨ましい限り。

んで、そんな驚きと羨望のなかruruxu/sinn(ルルゥ・シン)のイベント、『Anti Lock All right iMaginations 6』に出演させて頂いた訳ですが、これが、また良い雰囲気のイベントで。お客さんも多く、非常に盛り上がっていたのでした。学生とか若者が多かったイメージ。

僕的には、これまた10年近くぶりにSOLARの野口さんと再会したことが嬉しかったなーと。それこそまだビブレホールが全盛だった頃に何度も対バンし、僕のイベントで熊本にも来て頂いたりもしました。
90年代後半、音響系なんて言葉がもてはやされていた頃、ステレオラブなんかよりも早く、音響ポップをやっていたSOLAR。
当時は、4人編成だったのですが、今は、ギターとドラムという2人編成でした。
パワフルでどこまでも鳴りの良いドラムを動力に、三つのアンプとディレイを駆使ししたループ・サウンド、といった趣。でも、ループを軸にしながらも、何処か風通しの良い印象。ちょっと力の抜けた感じが心地良い演奏でした。
クリックとか使わず、人力ループだからなのかな? 僕的には、スネアの響きが凄く気持ちよかったです。やはり、女性ドラマーは良いなー。

あと、埋火(うずみび)も良かったなー。以前観たときは、数年前、確かレッド・クレイヨラの時だったか、どちらかというと、ファズギターが唸る、キルロックスターズ的なオルタナ風味が強かった印象だったのですが、今は、ググッと唄に焦点が向かっているようでした。
リバーブのたっぷり掛かったクリーンギターと感情豊かな唄がどこか昭和歌謡的な雰囲気を醸し出していて、それが非常に良かったのです。
埋火は東京、大阪、福岡、と皆バラバラなところに住んでいるとのこと。なのに、こんなに雰囲気溢れる演奏が出来るなんて凄いなぁ、、と思ったり。

この日主催のruruxu/sinnは、ラウンジサウンズで一度対バンしたことがあり、その時以来観るのは2度目だったのですが、何でかわかんないのだけど、前回観たときより全然良かったのです。
非常に真っ当なオルタナ・サウンド、というか、正統派なストレンジ・ポップとでもいうか、、。前回は、もっとぼんやりとした楽曲の印象だったのだけれど、今回は、全開のファズギターとメリハリの利いたドラムに、男女コーラスのやり取りなど含め、凄いポップな存在感だったのです。
ていうか、こりゃ、もしかすると、売れちゃうんじゃないか(笑)!?なんて思っちゃう程、爽やかでポップな演奏でした。いいなー。
この日出来上がったという音源も良いですよ。機会がありましたら是非。

この日は、梅雨明け宣言が出されたとのことで、天気には恵まれたのですが、とにかく暑い一日でした。もう高速ではちっともエアコン効かないみたいな、、。
また、それ以上にステージ上はメチャメチャ暑く、本当に暑くて、僕は、一曲目が終わった時にはバケツから水を被ったような汗をかいておりました。
僕らは、曲中曲間問わず、終始「暑い、暑い」と呟きながら、無理矢理やった新曲「経験」を含め、何とか熱い演奏を繰り広げたのでした、、(笑)。

そんなナイスなイベントだったわけですが、翌日仕事な僕らは、打ち上げも出れずにラーメン喰って帰路へ。残念、、。やっぱイベントてのは、打ち上げまで含めてナンボだよなー、なんてね(笑)。
とにかく、こんな良いイベントに参加させてもらい、rurux/sinnには本当に感謝です。ありがとう!!
あ、ちなみに写真は、ruruxu/sinn山本君に頂いたものです。ブレブレで逆に良い感じかな、と。 山口君が溶けてる、、。
[PR]

by marr_k | 2008-07-13 21:53 | Comments(2)