「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2008年 08月 28日
不思議な夜
b0054702_2273731.jpgアートブレイキー#11、無事終わりました。ちょっと不思議な、でも凄く興味深い夜になったと思います。例によって、お客さんは決して多くは無かったのですが、なかなか良い雰囲気だったんじゃないかなーと。
わざわざ足を運んでくださった皆さん、タデさんを始め機材を貸して頂いた方々、気に掛けていただいた人達まで、本当に感謝です。ありがとうございます。

最近、僕は何だか毎日のようにコンポステラを始め、篠田昌巳の音楽を聴いているような気がします。
この日の《篠田昌巳 act 1987》という映画は、如何に彼が皆に愛され、そして、ミュージシャンとして、表現者として如何に優れていたかを僕らに伝えてくれていました。僕は、冒頭の馬鹿話するようにゲラゲラ笑いながら、表現の本質がどのようなものであるかを語る彼の姿に何だか心打たれてしまいました。


b0054702_230210.jpg実は、このイベント前後に平行して、某イッチさんから借りた「ロック画報」の"日本のパンク/ニュー・ウェイヴ"特集をパラパラと読んでいるのですが、その中のインタビューでも、何人ものミュージシャンが彼のことを語っています。
様々なユニットに参加し、多くのミュージシャンを繋ぐ架け橋のような存在でもあった篠田昌巳という人は、本当に日本のアンダーグラウンド音楽というものに深い影響を与えてきたのだな、ということを実感させられます。また、当時の日本のアンダーグラウンド音楽というものが、如何に芳醇であり、そして、それが、現在まで脈々と受継がれているのだということを知ることが出来ました。
僕にとっては、何だかおどろおどろしく掴みどころの無い、言ってみれば「知られざる」ものであった当時の音楽が、彼を通すことにより、初めて実体を伴って響いてくるような、そんな気がしています。
そういう意味でも、今回のイベントは本当に良いきっかけになったと思っています。

そして、やはりこの日は工藤さん。実は、どんなことをするのか、果たして演奏をしてくれるのか、或いは、それこそ本当に来てくれるのか!?とハラハラしていた訳ですが、いやー、無事セッションと相成りまして、良かったなーと。
で、どうだったんでしょうね(笑)? 僕的には、なかなか楽しい演奏だったのですが、観てくれた人たちも楽しんでくれたのでしょうか、、?


b0054702_2302779.jpgこの日の構成は、工藤さんがエレピ、トランペットのΩ氏、いつものよりもかなり抑え目でやってくれたかっぱさんのノイズ、んで、やはりノイズの早道君、山口君は任天堂DSの何とかってシンセのソフトをピコピコと、ライヴ直前に到着した小野君がなんかパーカッションかなんか、そして、僕はベタにギタープレイ、という感じでした。時間は、割りに短めで40分くらいかな、凄くキレイに終わって非常に聴きやすかったんじゃないかなー、なんて思ったり。
個人的には、工藤さんが突然ロボ声でピアノを弾き始めたのが、凄い盛り上がりました。
多分、なんかの機会に山口君が音源化すると思うので、乞うご期待、と。


b0054702_2304226.jpg打ち上げもね、ちょっと凄い不思議な感じでした。メインテーマは、ノイズと無音と蝉の鳴き声。結論としては、最も優れたノイズというのは結局無音なのだが、蝉の鳴き声ほど凄まじいノイズは無い、みたいなことだっかかな?
そんな酩酊した話(笑)。工藤さんは、本当に子供のような、時々いたずらっ子のようにニヤリと笑う不思議なおじさんでした。ていうか、やはりヘンな人でした(笑)。でも、本当に興味深い話も色々で、あぁ、これが工藤冬里なのか、と僕はちょっと感慨深かったのです。

さて、ちょっとまたダラダラと書いちゃいましたが、次は一転してロックなアートブレイキーです。
こちらも、本当に貴重な夜になりそう。お見逃し無く。
[PR]

by marr_k | 2008-08-28 03:28 | Comments(0)
2008年 08月 02日
見識の狭さ
b0054702_029826.jpgてことで、まずは8月20日に行うアートブレイキー#11について。

08/08/20(Wed.)
『Art Blakey#11』@Private Lodge
≪篠田昌已 act 1987≫上映会

cast : 工藤冬里(Maher Shalal Hash Baz)+Ω
     Kappa
     園田佐登志(≪act 1987≫編者/vj)
     鬼☆弁慶inSWISS
open 19:00 start 19:30 ticket:¥1500(1D.order)


この日は、80年代から92年に亡くなるまで、じゃがたらコンポステラ生活向上委員会マヘル等で活動されていた篠田昌巳というサックス奏者についての映画を上映します。
映像作家の園田 佐登志さんという方(熊本出身だそう)が撮影/編集をされた、篠田氏の音楽だけにとどまらず当時の東京のシーンを垣間見ることが出来る非常に貴重な映像とのことです。詳細な内容はこちらを。

という感じなのですが、実は、僕はこの篠田昌巳氏については、全く知りませんでした。
以前に少し書きましたが、僕は、日本の音楽、特に90年代以前のものについては、本当に疎いのです。氏のバンドに関しても、殆どが、名前を聞いたことがあるかな、程度の知識しか持ち合わせていませんでした。
ただ、篠田氏のバンドの中で"コンポステラ"という名前だけは、僕は良く知っていたのです。
かつて学園大の裏に、カルトが集う喫茶として有名だった"コンポステラ"という屋号のお店がありました。そこには濃密なアンダーグラウンドの雰囲気が漂い、夜な夜な怪しい会議やパフォーマンスが繰り広げられる、若い僕には凄く刺激的なお店だったのですが、この喫茶の屋号はやはりこの篠田氏の"コンポステラ"からとられていたようです。
僕は、今回の話を頂いた時に、大げさに言うと、ちょっと運命的なものを感じてしまいました。あ、どこかで繋がっているのだな、と。
そして、何かの折に何人かの方に尋ねてみましたら、結構ご存知の方がチラホラ。かなり思い入れのある方もおられる様子。
やはり、僕の見識の狭さ、なのでしょう。

喫茶"コンポステラ"というきっかけがありながら、何かの巡り会わせで"コンポステラ"の音を聴く機会を逸していた僕は、やはりまずは音源をと思い、その喫茶"コンポステラ"の常連であり、当時は過激な思想を持ち、アヴァンギャルドの限りを尽くしていた某イッチさんより篠田氏の音源を入手致しまして聴いてみました。
そしたら、これが本当に素晴らしい!! 再び、僕の知らないこんなに良い音楽がまだ沢山あるんだ!!という嬉しい驚き。
実は、資料的なものとして聴こうとしていたのですが、いやいや、もうホントに凄く良い。

何というんでしょうか、まるで日本の文化が一番豊かだった頃の風景が思い浮かんでくる音、とでもいうか、、。例えば、大正時代であったり昭和の復興期であったり、日本が西洋の文化を旺盛に取り入れながらも、本来日本の持つ感性でもって、非常にハイセンスで柔軟な文化を創り出していた頃の音楽、というか。
凄く洗練されていながらも何処か庶民的な下世話さも醸し出しいて、でもそれでいて、一音一音がじわじわと心に響く、というような、本当に素敵な音楽なのです。

b0054702_0125615.jpg今回、何枚か聴いてみたうちで僕が一番心を惹かれたのが、「コンポステラ」名義の"1の知らせ"というアルバム。90年の作品で唯一のスタジオ録音だそう。
基本的には、サックス、チューバ、トロンボーンの三管でのアンサンブルなのだけれども、そのゆったりとしながらも何処か徐々に熱を帯びてくるような演奏が非常に胸に来ます。
所謂ジャズ的な自己主張の強いブロウとは違った、繊細に奏でられる木綿のようなサックスのビブラートと、モワモワとした金管楽器独特のベースラインとの絡まりが堪りません。また、鼓笛隊的なドラムが入ってくるのですが、それがね、またなんか凄く良いのですよ。ちょっと高揚感を煽るようでいて、気持ちを落ち着けてくれるような。
ロシアであったりの世界各地の民族音楽的なモチーフが多くの曲で用いられているのですが、それも単に形だけ借りたというものではなく、また、過剰に同化意識を向けるでもなく、純粋に曲として素晴らしいものに仕上がっている、というような印象です。民族音楽特有のセンチメンタリズムを充分に持ちながらも、ベタ付かず非常に洗練されているのです。

b0054702_0132671.jpgまた、「篠田昌巳」名義の"コンポステラ"というアルバム(紛らわしいなぁ、、)も非常に良いです。こちらも90年なのかな。こちらは、後の"チンドン"的要素もちょっと含みつつ、聴いていて非常に楽しい作品です。

しかし、それにしても情報が無い、、。音源は、おそらくどちらも廃盤。篠田氏やコンポステラに関しては、最早オフィシャルな情報も無い。ライヴアルバムとTzadikからの編集盤はまだ入手出来そうですが。
何故こんな良い音楽の情報がこんなに手に入りにくいのでしょうか!? ちょっと憤りさえ感じてしまいました。

ともかく、僕は、こんな良い音楽を知るきっかけに出会えただけでも、今回の上映会は非常に有意義なのですが、これが更に貴重で、一緒にマヘルの工藤さんも来てしまうのです。おそらく、初熊本。
このブログでも何度も書いてますが、僕は、マヘルの熱狂的なファンなワケで、いやこれはちょっと凄いなと。どうしたもんだろうか。
この日は、工藤さん、マヘルでトランペットを吹いているΩ氏、そして、九州のノイジシャンの代名詞的存在であるかっぱさん、それに地元よりSWISSの二人を中心とした編成の鬼☆弁慶、によるセッションを行う算段です。
果たして、どうなるのか!? ちょっと怖い気もしますが、本当に見逃せない内容だと思いますので是非とも観て欲しいなぁと思う次第です。
会場は、アートに通じたカフェ、プライベート・ロッジ。ソファに座って、美味しいドリンクを飲みながらゆったりと楽しみましょう。
[PR]

by marr_k | 2008-08-02 00:46 | Comments(7)