<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年 06月 27日
脱力。
アートブレイキー16、終わりました。
予想以上に濃厚な一夜でした。もう大満足。皆さんに感謝。
来て頂いたお客さんにはもちろんなのですが、今回は特に、出てくれたバンドに本当に感謝です。

取り急ぎ、今日はそれだけ。レポはちょっと待って。

しかし、もう16回もやってんだね、アートブレイキーって。いつの間に?て感じ。
[PR]

by marr_k | 2009-06-27 02:03 | Comments(0)
2009年 06月 22日
ロックンロール
b0054702_4067.jpgこないだのコンボピアノ、カッコ良かったなー。
もう、こりゃ最早ロックンロールだね!! それも、50年代とかの始まったばかりのロックンロール。ブルースが突然変異して、やたらの熱量で放出されるガリガリに尖った音。そして、そんな無骨なロマンチシズム。そんな素晴らしいライヴでした。

この際書いちゃいますが、実は、前回コンボピアノを観た時には、名うてのミュージシャン達によるセッションバンド、以上の感想を持てなかったのです。あー、なるほどね、やっぱ凄いねー、みたいな。
でも、ホントに今回は全く違いました。ホントにただただカッコ良かった。
千住氏のドラムは、やはりキラメキに溢れていたし、内橋さんの百戦錬磨的ギターには、すっかりしてやられました(アンコール?のノイズワークはこの日のハイライトの一つだったかも)。
しかし、やはり渡邊琢磨氏の圧倒的なピアノ!! なんでしょうね、一周して完全に初期衝動で鳴らしているような圧倒的な熱量。MCで、年々知能指数が下がっている、なんて自分で言ってましたが(笑)、本当に純粋に音楽へ向かっているその様に、僕は、何だかちょっと心打たれてしまいました。正直言って、ホント羨ましい。
仕事がギリギリに終わり、バタバタとライヴをしてしまった僕には、やたら眩しく見えたのでした。
僕も、こうありたいものです。


さて、そんなロックンロールな夜にすっかりやられてしまった訳ですが、お次はアートブレイキーです!!
今回は、負けじとロックなラインナップ。
ゲストは、東京と博多より2バンドです。

b0054702_15103837.jpgworst taste(東京):
ポップでジャンクな楽曲をベッキベキのグルーブで鳴らす若手新世代オルタナティブエイトビートパンク3ピース。
破壊力抜群の中毒性のあるライブで都内のアンダーグラウンドシーンをかき回しまくっている。
テレビジョン、ディスヒート、バッドブレインズ、デッドケネディーズ、ソニックユース、メルトバナナから
イースタンユース、ブッチャーズ、less than tv、discord、好きの方まで必見!!


b0054702_15105292.jpgmacmanaman(福岡):
2005年結成。 
G皆川、G藤瀬、Ba山口、Dr瀬戸口。
轟音、よいどれ、ぬいぐるみ。
森を愛するインストバンド。 2006年2月よりライブをはじめる。



b0054702_461420.jpg東京よりのゲスト、ワーストテイストは、もう4~5年前くらいでしょうか、ビブレホールで対バンしまして、秋葉原グッドマンからのネハンベースに続く第二の刺客として、パニスマ吉田さんより送り込まれていた(?)のです。

その時は、連日のライヴで、ボーカルのタナカカイタ氏がすっかり喉を潰していたこともあり、例えば、中期フガジアンワウンドなどのDCバンド、或いはそれこそジョイディヴィジョン的な、ダーク・ニューウェイヴな印象を持ったのでした。その後、メンバーチェンジや幾つかの音源やコンピへの参加などを経て、今春、セカンドアルバム「ダンスで決めて!」をリリース。今回はそれに伴うツアーです。で、その音なんですが、もうこれがガッキガキのロックサウンド。しかも、相当イビツ。
ストレートに突き進むはずが、捻じ曲がり折り曲がり、でもそれでも無理矢理突き進もうとするような、そんな滅茶苦茶なロックロール。

HPに載ってるモールズの酒井さんのコメントを引用しますが、正にこんな感じ。
「(worst tasteは、)雑居ビルのボイラー室のような、あちこちにバルブが飛び出て、通風口が道をさえぎり、直立することもままならないような場所でこそ、むしろ踊れ(決めて)と言っているのです。」

こんなイビツはダンスミュージックなんて他にあるか!? もう僕は凄い楽しみなのです。ちなみに、ジャケットはかのオオクボT氏。正にこんなサウンド。


そして、福岡からはマクマナマン。こちらは、1年半くらい前だったか、ラウンジサウンズで対バンして、僕はホントにぶっ飛んでしまいました。もうこんなぶっ壊れたインスト、ポストロック?バンドなんて観たことがない!!

なんだかよく分からないくらいのテンションで、繰り広げられる音の応酬がドンドン破綻していく様が堪らない。今福岡にとどまらず話題が広がってきているバンドです。こちらも、是非観て頂きたい。その前と後では、ちょっと音楽の聴こえ方が変わっちゃうかも、とか思ってしまうほどです。

上記のゲストだけでなく、今回は地元のバンドもいつも以上に楽しみなのです。二バンドともアートブレイキー初登場。

b0054702_1511913.jpgzankyo souchi:
2004年に解散したGoricopの菅野と岩男が始めた宅録ユニットに、一心太助の林が加わり結成される。
USオルタナティヴ・ロックの良質なエッセンスが鳴り響くハイクオリティな楽曲と、
観るものを惹き込む独特の雰囲気を持つ。


b0054702_15112222.jpgKlagenicole:
2007年春、熊大医学部軽音にて結成。
うつむき気味に鳴らされる蒼い衝動の水面にぽっかりと浮かぶ詩情が、
豊かな陰影を描く暫定3ピース・ロック・バンド。



まずは、残響装置。そのナイスなバンド名で気にはなりつつも殆んど面識も無いまま、何気無く観てみたYoutubeのライヴで僕はビックリしてしまったのです。
メチャメチャカッコ良いじゃないですか!! 僕は、アップしてある曲全部を、思わず何度も何度も観てしまいました。予想以上のクオリティ。
そして、即オファーしてしまいました、、。
何で今まで知らなかったのか、なんか凄いソンをしていた気分です。例えば、ヨ・ラ・テンゴやソニック・ユースなんかのUSオルタナティヴ・ロック的なヒリヒリした雰囲気とやたら完成度の高い楽曲。ギターの鳴りやリズムの絡み合いも最高です。ボーカルもいいなー。
僕は、実際にライヴを観るのは今回が初。もう凄い楽しみ。

クラゲニコールも、面識も無く、ライヴも観たことがないままにオファーをしてしまいました。こちらも、やたら噂は聞いていて、凄い気になっていたのです。
先日、初めてライヴを観ることが出来ましたが、いや、それが凄い良かったのですよ。
繊細さとぶっきら棒さが共存するギターと唄に、本当に楽しそうに、感情豊かに叩かれるドラムに、僕はすっかり満足してしまったのでした。
そして、なんというか、バンドとしてまだ未完成な感じが、また良い。まだこれから広がっていくような、そんな感じが観ていて凄く良いのです。
こちらも是非。

そしてそして、今回のDJには、熊本裏シーンの主、昔は鬼畜と呼ばれていたらしい(笑)田尻さんと、アートブレイキーのレジデントDJである通行人(aka shirt)のペアでお送り致します。こちらも注目を。


もうすっかり梅雨入りして、何だか今週はずっと雨だなんて予報もあるようですが、そんなことはもういいじゃないですか(?)。
もう諦めて是非とも良い音楽に触れて頂きたい、とそう思います。
ではでは。
[PR]

by marr_k | 2009-06-22 04:02 | Comments(0)
2009年 06月 15日
今月のお誘い
てことで、今月の今後です。

まずは、こちら。

09/06/17(Wed.)
trial error presents...『Is this It Vol.6』 supproted by "muchcolor&DAYS"

open 19:00 start 19:30
ticket ¥3000/¥3500 (1D.order)
with:COMBOPIANO(渡辺琢磨/内橋和久/千住宗臣)
    trial error
DJ:NOJIMA&SARA(NAVARO)

何とトリプルネームのイベントです。敢えて書きますが、仕掛け人はLong Six Bridge/吉武(飯田)さん
企画は、最早筆頭若頭(?)トライアルエラー。熊本ロックファンのオエイシスDAYSと、熊本の文化的側面をサポートするマチカラのバックアップ受け、更に、DJには、ナバロのダイスケさんが絡んでいるという豪華布陣。
僕らのような場末のノンプロ・バンドが加われるなんて、本当に有難いことです。
ゲストは、二度目の熊本になるのかな、各方面で話題のスーパーユニット、コンボピアノ。前回のコンボピアノの盛り上がり様はヤバかった!!
僕は、ナウエリートでサポートさせてもらったのですが、何だかちょっと浮ついた感じでしか観れませんでしたので、今回はジックリ観てやろうと思っております。千住氏のドラムも、すっかり打ちのめされた先日のソロを観たせいで、またちょっと捉え方が前回とは全然変わりそうで楽しみ。そして、内橋さんのギター!!
こちらも前回は、思わず物見遊山的に観てしまったので、今回はもうワークショップを受けるくらいの気持で迫ろうか、とか(笑)。
渡邊氏も、野生のインテリ的風体の奥には、一体何があるのか、そんなところを探ってみたい衝動に駆られております。この人のブログ、面白い、、。
なんにしても、僕ら辺境のノンプロ・バンドは、ただ出来ることをやるだけです。
何だか凄い夜になりそう。是非。

そしてそして、その翌週には僕らのこちら。


b0054702_14496100.jpg09/06/25(Thu.)
『Art Blakey#16』@熊本Django

open 18:30 start 19:00
ticket ¥2000/¥2500

cast:worst taste(東京)
    macmanaman(福岡)
    zankyo-souchi
    klagenicole
    Doit Science
  DJ:田尻 精(ソングサイクル)
    通行人(aka shirt)


例によって後手後手ながら、ようやくキャスト確定しております。これは面白そうですよ!!
ゲストはもちろん、今回参戦してくれる地元のバンドがまた楽しみでしょうがない。残響装置クラゲニコールも、今回僕らが初めて関わることのできたバンドです。是非観て頂きたい。
こちらについての詳細は、またまた近日中にがっつりと。

ついでに、今週のグッド・ミュージックを少し。

というは、ここ1~2ヶ月、僕的には新譜ラッシュだったのですよ。
前回もAkron/Familyなど幾つか紹介しましたが、それ以降も色々と。ざざっと挙げますと、一昨年くらいのアルバムが結構長い期間に渡って個人的ベストアルバムだったGrizzly Bearや、ここ10年位、一番直接的影響を受けているJoan of Arc、もう今世界で一番エッジーなバンドと言っても過言ではないDirty Projectors、などなど。しかし、もどかしいことにどれもまだきちんと聴き込めてない、、。なので、折々に改めて書いていこうかと思うのですが、でも今回は一つだけ、余りにも良い音楽があったのでそのことを少し。

b0054702_1410686.jpgそれは、No Kidsというバンド、というかユニット?かなんか、また例によって詳細ちっとも分かりませんが、その"Come into My House"というアルバムが、メッチャメチャ良い!! もうホント最近ずっと聴いてます。何度も何度もリピートで再生してしまうのです。カナダの人たちの模様。
是非マイスペで聴いてみて下さい。
レーベルは、またもやTomlabなのですが、何というか、ソウル風味な脱力エレクトロ・ポップとでもいうか、、。決して、そんなに斬新な音楽というわけではないのですが、とにかくその軽快に跳ねるバスドラの響きや、色とりどりなハーモニー、心地よいメロディとファルセット気味な歌声、などなどもうホント堪らないグッド・サウンド。
実は、僕は最近話題のNo Ageと間違えてました、、(笑)。
でも、こんなポップな音楽にすっかりやられてしまったのは本当に久し振りかも。それこそ、ネオアコやエレポップ好きの人達にもお薦めなアルバムです。
そして、誰か詳細知っている方、教えて下さい(笑)。


あともう一つ、これまでのライヴなんかをようやく纏めました。一昨年くらいまでのやつは、無駄に長文が、、。
右サイドNEWSのPast Lives...、あるいは、タグの"Archive"からどうぞ。
[PR]

by marr_k | 2009-06-15 03:58 | Comments(4)
2009年 06月 09日
最近のこと
b0054702_3345647.jpgさて、もう6月です。最近のいくつかをまた少し。

まずは、再び大牟田での「ドラびでお+灰野敬二」。いやー、灰野さん凄かったです、、。
僕は、今回初めて生で見たのですが、もうホントに噂のままの灰野敬二的いでたち。まさに生ける伝説、みたいな(笑)。
会場のクラブ富士の関係か、そこまで爆音というわけではなかったのですが、僕が一番慄いたのは、灰野さんの声、ていうかシャウト。
本当に心の奥底から搾り出されるような言葉。
灰野敬二の音楽を「ノイズ」というのなら、何よりも「ノイズ」であったのは、楽器や道具など必要としないこの声こそがそうではないか、なんて思いました。
途中、機材トラブルがあって、マイクから音が鳴らなくなった瞬間があったのですが、その時のPAを介さない生の声でさえ、ブーストされディストートされたような圧倒的な凄みを感じたのです。

また機会があれば、是非観たいな、と。


b0054702_3335922.jpgそして、その前日はトライアルエラー主催の"Is this It?"。
沢山のお客さん。僕らは、またまた雰囲気に呑まれ、どうもパッとしない演奏に、、。ダメだなぁ。

この日一番印象に残ったのは、本当に真摯に誠実に音を鳴らすa transparent girl。
前回ジャンゴで観た時よりもググッとまとまっているように感じました。
これから果たしてどうなっていくのか、ちょっと気になる感じ。

この日の写真をいくつか。
注目は、スモークにまみれ、まるで温泉に入っているかのようなトライアルエラー!!

b0054702_3372023.jpgb0054702_2055576.jpgb0054702_20552088.jpg





あと、音楽ではないのですが、先日遂にラーメンズを観に行きました!! もう本当に数年来の念願。
前回の公演の時には、知ったのが本当にギリギリで、仕方ない、倍は覚悟しよう、とオークションを覗いてみて、余裕で3~4倍で取引される様子に、あっさり撃沈。
今回はネットの先行前売(?)だったので、余裕かましてたら何と一番後ろの端から三番目の席でした、、。
まだ各地でツアー中なので感想等は控えますが、出来ればもう一回観たかったなー。それも最前列で(笑)。

今月の今後については、一両日中に必ず。
[PR]

by marr_k | 2009-06-09 03:41 | Comments(0)