<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2009年 07月 27日
サマー・フィーリング
さて、近付いてきました。八月はこちら。

b0054702_2231925.jpg09/08/14(Fri.)
『Art Blakey#17』@NAVARO

open 20:30 start 21:00
ticket:¥2000(1D.order)

cast:Lawrence English(Aus./room40)
    Shayne Bowden(福岡)
    電子卓上音楽団(大牟田)
    nankotsu brothers、swiss
  DJ:TsuKoNin(a.k.a aka-shirt)




b0054702_2302940.jpgLawrence English(Australia/room 40):
ローレンス・イングリッシュはオーストラリア出身のライター、ミュージシャン、メディア・アーティスト。これまでにデイヴィッド・トゥープ、吉田アミ、KK Null、スキャナー、ツジコ・ノリコらと共演。その音楽は「アンビエントな歪んだサウンドスケープ」と評され、従来型の音と曲構造に対するアプローチを問い直す。
音響レーベル・room40レーベルを主宰し、dj oliveやBen Frost、ツジコ・ノリコ、tenniscoats等多数のアーティスト・作品をリリースしている。
また、彼自身も、同レーベルや名門touch、そしてフランスのbaskaru、taylor deupree主宰の12K等、世界中のレーベルから作品を発表している。


b0054702_2305248.jpgShayne Bowden(福岡):
オーストラリア出身、現在福岡在住のミュージシャン/オーガナイザー/キュレイター。
ノイズ・ユニットhercel(ハーセル)、Monster Movie(モンスター・ムー ビー)等で活動している。ソロ・パフォーマンスでは、フィールドレコーディングを素材とした重層的なサウンドを繰り広げる。



b0054702_2311447.jpg電子卓上音楽団(大牟田):
01年結成。電子的な反復音・持続音を発生・加工する即興演奏。福岡を中心に活動し、他の音楽家とのコラボレーションも多い。
また、地元大牟田の活性化のテーマに"Shock City Omuta"という団体を主宰。多数の先鋭的なアーティストを招聘している。



b0054702_2313423.jpgnankotsu brothers:
柔らかなパルスと不安定なクリック音が織り成すささやきのようなエレクトロニカ。繊細に奏でられるピアノと様々なノイズが絡み合う形而上学的テクスチャー。
竹村延和に感銘を受け、エリック・サティに心酔する兄弟が爪弾くラップトップは、既に世界各地で密やかな噂となっている。



b0054702_23316100.jpgswiss:
鬼☆弁慶のオリジナルメンバーである山口と早道によるユニット。
純粋に発振装置として使われる2本のギターと、夥しい数のエフェクターや様々な小道具によって鳴らされるアートオブノイズ。




今回は、なんとオーストラリアより音響レーベルとして知られるroom 40のオーナー、Lawrence Englishがやって来ます!!
room 40は、これまでツジコノリコテニスコーツを始め、多くの日本人の作品をリリースしているので、ローレンス自身がかなり日本好きなのでしょうが、いやしかし、何故こんなアートの果てのようなところまで!?と驚きを隠せません。これは、本当に凄いことだと思います。
あのフェネスと並び称される叙情的なアンビエント/ドローンを是非体験して頂きたい、というか僕が体験したい(笑)。何というか、こういう音楽だからこそ、出来るだけ大きな音で、そして出来るだけ良い音響で聴きたいのです。
そして、会場のナバロのソファーにゆったりと身を沈めて、ゆっくり楽しんで頂きたい、そう思います。

この日は、まさにお盆。これはある意味納涼になるのでは(笑)!?なんて思ったり。
他のキャストも、敢えてアンビエント/ドローン/ノイズ/エレクトロニカなど所謂アブストラクトなサウンドで揃えました。それについては、また近く改めて。
[PR]

by marr_k | 2009-07-27 02:44 | Comments(0)
2009年 07月 20日
アクト・ローカル
b0054702_15263472.jpgなんてどうでもいい長文を書いてる間に日々は過ぎて行きまして、それをまた今日は記録的に少し。

と思いつつ、早くもちょっと記憶がぼんやり、、。とりあえず、トライアルエラー主催のドラびでお+勝井祐二について軽く。
僕は、今年何やかやでドラびでおVSシリーズ(?)を観るのは三回目だったのですが、これまでの中で一番音楽的なユニットのように思いました。パシッパシっとフラッシュする映像はどちらかというと音楽を補完するするようなそんな立場なのではないかな、と。映像もいつもよりアート寄りでしたし。
全体的には、一楽さんの構成した楽曲・映像に、勝井さんのバイオリンやエフェクトが即興的に切り込んでいくような感じ、かな。いつもよりダンサブルな印象なのが良かった。そして、僕的には、あらためて一楽さんのドラマーとしての凄さを再認識させられた、そんなライヴでした。やっぱ凄い、、。

で、お二人は翌日大牟田だったのですが、僕らも追っかけるように(?)翌週大牟田へ。会場は、大牟田の象徴、クラブ富士。

これがまた面白かった!!
平日ということもあり、決してお客さんは多くなかったのですが、どのバンドも、ホントにクオリティが高くて、僕はすっかり満足してしまいました。
SCO/竹永君に本当に感謝。

まずは、Shock City Omuta主宰の電子卓上音楽団と驚愕の女子中学生ドラマーとのユニット、電子たくあんから。
いや、ホントにこの女の子凄いです。もう末恐ろしいくらい。電卓のビギビギの電子パルスにしっかり対応、どころか最早リードしている位の存在感。フリーインプロを堂々とかます女子中学生なんて、世界中でも余り居ないのでは、、!?
更に驚いたのは、演奏が終わって、お父さん(なんと一銭めしやの方!!)からしっかりアドバイスを受けていること。それも、技術的な云々ではなく、表現力であったり気持のあり方であったり、、。もうこれは、いっぱしのミュージシャンですよ、この女の子は。
将来どうなるのか、本当に楽しみ。今後も注目していかなくては。

という感じで、いきなり驚かされた訳ですが、次のイグアナズがこれまたカッコ良かった!!
深いエコーに塗れたギターと淡々とした唄い口。シンプルながら感情の肝を押さえたドラム。そして、ベースレスバンドならではのモワモワとした低音。ニヒルな振る舞いとも相まってメチャメチャサイケなムードでした。そして、何よりも、まさに僕らの世代の音楽だったのです。
後で訊いてみるとやはり同世代。おそらく同じような音楽にヤラレ、バンドを始めずにはいられなかった、そんな人達。そして、いつの間にか大人になり、ローカルシティで音楽を続けていくことの悲喜こもごもを抱えつつ、やはり音楽を続けずにはいられない、そんな感覚が音の端々に感じられました。
なんとずっと前にブロッケンで対バンしたことがあるとのこと!! また是非一緒にやりたい、とそう思いました。

そして、次は地元大牟田の2907831。最近噂をよく聞くバンドです。
このバンドも何だか堪りませんでしたねー。もう、ギターボーカル氏の佇まいからして、既に危なっかしい感じが良い(笑)。トラブりまくりなところが、まるで自分を見ているようで、ちょっと落ち着きませんでしたが、、(笑)。
そんな感じのドシャドシャなパワーポップな曲も良かったのですが、僕的には、ちょっと静かめの唄ものな感じな曲に引き込まれました。実は、ギターも唄も上手いじゃん(笑)。
女性コーラスが重なって、ストトトっとドラムのフィルが回り、フラフラと尻もちをつくような、そんな哀愁。素敵だな。
こちらがこのバンドの本質なのでしょうか、ちょっとまだ良く掴めなかったので、これはまた観なければ、とそう思いました。しかし、バンド名が覚えにくい、、(笑)。

んで、僕らだったのですが、いやもう暑くってですね、頭がぼんやりとしてしまいました、、。いきなり弦切れるし、曲順間違えるし。でも、みんなに観てもらえて本当に嬉しく思いました。

この日のトリは、大牟田の大ボス、一銭めしや。実は、僕ワイモーで5年位前だったかにビブレホールで対バンしたことがあるのです。
その時の一銭めしやは、なんとムーグの人がいて4人組で、音楽的には、例えば、Great3などを思わせる非常にセンスの良い印象のバンドでした。確か、最後の曲で、延々とエンディングを繰り返されて、頭がグルングルンしたのを覚えています。
でも、ここ何年一銭めしやの噂はよく聞いていて、メチャメチャハイテンションなロックンロール・バンド!!みたいな感じで、あれ、おかしいな、、なんて気になっていたのです。そして、この日久々に見た一銭めしやは、馬鹿でかいバスドラが踏み鳴らされ、やたら肉厚のスネアがぶっ叩かれる、もうまさにキレキレのハイ・エナジーロック・バンドでした!! 今回ぼんやりしてて写真撮ってないのが残念ですが、もうルックスからしてヤバイ(笑)!!
僕的には、ダンサブルなコーラスとファズギターの絡み、そして、昔観た時と唯一(?)変わらないハイトーンの美声が堪りませんでした。そして、たっぷりとユーモアが振り掛けてある感じも良い。
今回、まさにホーム、というリラックスした雰囲気だったのですが、ヨコチンのボギーさん曰く「全員ぶっ殺すような」勢いの一銭めしやというのも、非常に気になります。一体何処までキレキレなのか!? ヤバそうだなー。

しかし、暑かった(笑)。なんと、クラブ富士にはエアコンが無い!!
まぁ、それはともかく、何やかやで、三ヶ月連続でクラブ富士へ行きましたが、もうホント毎回何かで衝撃を受ける、そんな凄い場所です、、。皆さんも是非。
[PR]

by marr_k | 2009-07-20 15:33 | Comments(22)
2009年 07月 13日
モノ
てことで、初のDJオンリーのDJ、終わりました。いやー、難しいですねー。
ちっとも思うようにいかなかったです、、。まぁ、選曲のせいもあったのでしょうが、どうも、しっくり来ない感じで。何か一曲一曲が妙に長く感じたのです。間が持たない、というか。
あと、アレも掛けよう、コレも掛けたい、なんて思って、流れというか、テーマみたいなものを全くうまく表せなかったような気がしております。是非リベンジを、と思った次第。

あと、この日は、各DJのメディアがバラバラだったのですよ。井出さんや田尻Jr.のように7インチ中心のアナログオンリーから、MacBook持込でDJソフトでのプレイもあり。
平山さんは、通常のCDで、僕は、デジタルデータをCDRに焼いて持っていったのですが、いや、偶然にもみんなバラバラで、これはホント興味深いな、と思いました。
まさに今はこういう時代なのでしょう。先日の通行人のPacemakerみたいなガジェット(?)が標準になるのも、時間の問題なのかも。


そういえば、実は、このブログ、最初は如何にCDやレコードを整理するか、ということがテーマでした。
また、レコード・CD棚から思いを巡らせて、僕の人生の折々には、どんな音楽が鳴っていたのか、なんていうことを徒然なるままに綴っていこう、というものでした。って、ちょっと大げさですが(笑)。

まぁ、ともかく熱心に音楽を聴くイコール物が増える、ということが前提にあったのです。だから、ジョン・キューザック的人生が僕らの胸を打ったのではないでしょうか。
増え続けるレコードやCDを、苦笑いしつつ片付けたり、或いは手に負えなくなって途方に暮れたり、そんな風に一喜一憂して暮らすことと熱心な音楽ファンであることは、同義だったのです。
そして、ジャケットやクレジットを執拗に眺め、解説に感心したり憤慨したりしながら、音楽を聴くのです。
もちろん、僕もそうでした。

自分の話で恐縮なのですが、僕は、自他共に認める熱心な音楽ファンで、暇さえあれば、何か新しい音楽を探したり話題の音楽をチェックしたりしておりまして、今も新譜を中心に何やかやとそれなりの枚数を買っている訳です。
で、以前は、もちろんCDで買っていたのですが、ある日はたと気付きました。
CDを買ってきて、まずはそれをiTunesに取り込んで、そして、その後はiTunesで再生して聴き、またはiPodに転送して車で聴き、結局買ったCDそのものは取り出すことすらほとんど無い、ということに。
そして、僕の部屋には、完全にキャパシティ以上の量のCDがあります。それも、ちっとも整理されず取り敢えず棚にぶち込んである、と言う有様。

となると、最早CDというモノは無くてもいいんじゃないか!?と、もしかしたら気付かないフリをしていただけかもしれない事実に、思わず目を向けてしまいました。
音楽は、欲しいと思った時に手に入るし、聴きたいときに聴きたいものが即聴ける。そして何よりも、モノが増えないじゃないか!!なんてね。
といっても、スパッと切り替えることが出来たか、というとやはりそんな訳にも行かず、ある程度割り切れるようになるのには、やはり結構時間が掛かりました。そして、今も一抹の淋しさがあります。

しかし、やはり便利さには勝てない、、(笑)。
僕は、アナログもメンドクサイので聴くのを止めた、というダメな人間なので、何度か買っているうちに殆ど抵抗が無くなりました。
というか、何よりもこれが大きいと思うのですが、僕は本来あまり収集癖がないのですよ。何かをコレクションして、それを愛でる、みたいな事は、これまでに殆ど無いのです。そして、メンドクサガリなのと相まって、実用を重んじるタイプ。要は聴けることが第一だ、みたいな。
しかも、聴きたいと思ったら、すぐに探し出すことが出来るし、モノが増えることもない。

ただね、やはり、ジャケ、というかモノが無いことを凄く淋しく思うことがたまにあります、、。iTunes storeで買った音楽には、ものによってはジャケがPDFで付いてくるものがありますが、いやー、やっぱそんなのあんまりちゃんと見ないですよ、やっぱり手に取って眺められなければ、ね。という矛盾を常に感じつつ。


そういえば、スタジオボイスが休刊するそうです。
僕は、たまに立ち読みをしたり、年に一回くらい買ってみたり、という程度で、ちっとも熱心な読者ではなかったのですが、何だか結構ショックです。
僕らの世代にとっては、良かれ悪しかれ大きな影響を与えた雑誌ですから。やはり、これは情報、という意味においてはWEBが取って代わった、ということなのでしょう。まぁ、ある意味確かにその通りでしょう。

しかし、雑誌の良いところというのは、特に興味の無い記事や、たいして意味や価値の無い記事まで、結果的に読むところなのです。まさに雑誌たる所以、というか。
これは、それこそスタジオボイスみたいな雑誌に顕著で、はっきり言って僕なんかには、スタジオボイスに書いてある記事の半分以上は、存在さえ聞いたことの無いような分野の何だか難しい専門的な内容だったり、特に興味も無いアーティストのインタビューだったり、オチなどはっきり無いコラムだったり、そんなものなのです。
でも、暇潰しにパラパラと捲っていると、結局そんな記事も読んじゃうのですよ。そして、逆にそんな記事の方が、心に残ったり何かのきっかけになったりするのです。

ネットだと、そうはいきません。ネットは、ピンポイントで知りたいことを知ることは出来ますが、特に知りたいと思っていないことを知る機会というのは、案外少ないものです。
例えば、Wikipediaなんていうのは、そういう感じに近いのかもしれませんが、でも、ちょっと調べるつもりが、何時間もウィキを彷徨ってしまった後の徒労感というは、何なんでしょうか(笑)。
結局、今現在のWEBには雑誌のような役割は担えないのでしょう。

僕は、一冊の雑誌を丸々一月かけて読むのが好きで、適当に開いたページから読み始め、何か他にやるべきことがあったらそのままページを閉じる、みたいな感じで結構隅々まで読んじゃいます。まぁ、文字通りボロボロになっちゃいますが。

何だか大した内容じゃないのに、凄く長くなっちゃいました、、。ちょっと色々他に書くべきことがあったのですが、それはまた後日ということで。
[PR]

by marr_k | 2009-07-13 22:35 | Comments(0)
2009年 07月 05日
追記
DJ通行人がこないだ使ってたのは、Pacemakerというmp3をそのままミックス出来るポータブルDJミキサーでした。
アナログはおろかCDすら持って来なくて良い、という優れもの、というか、所謂DJという認識からすると、そんなのアリ!?みたいな機器ですが(笑)。

と、ちょっと揶揄(?)するような書き方をしましたが、いや、僕も今度DJをするので、その告知をと思いまして、、。

もう明日明後日ですね。ピーナッツレコードの井出さんに声を掛けて頂きまして、今月六日にインディゴにてDJをやります。
というか、よく考えてみると初めてのDJかもしれない!?
いや、今までライヴ・イベントとかで、転換の間にちょろっと曲をかけたりすることは何度かありますが、所謂DJイベント的なものでDJをやる、というは確かホントに初めてなのです。そう考えるとちょっと緊張しちゃいますね、、。
とりあえず詳細はこちら。

sideway song tour(bed room version) vol.2
09.7.6(月)
CLUB INDIGO

21:00~25:00
DJ:KIYOTA(Doit Science/ナウエリート)、HIRAYAMA(Mint Car)、YONEMURA(SHIPS KUMAMOTO)、TAJIRI Jr、IDE(PEANUTS RECORDS/sideway song tour)
1,200円(with 1D)
INFO:PEANUTS RECORDS(098-351-6678)


インディゴ隔月第一月曜のレギュラーイベント、とのことです。お時間合いましたら是非。

というか、最近もっぱらiTunes storeで買っている僕は、ありったけの曲を複数枚のCDRに焼いて、そこから臨機応変にかけていくというスタイル。つまり、上述のDJ通行人と大して変わらない、という訳です、、(笑)。
しかし、何を掛けようかアレコレ考えるのも楽しいですね。さて、うまくいくでしょうか、、。

ともかく是非。
[PR]

by marr_k | 2009-07-05 04:22 | Comments(0)
2009年 07月 03日
記録/記憶
果たして、記録に残っているのがアートブレイキーの4回目からで、それは2005年のFLUIDのサポートの時だったのだけど、その前はどんなんやったっけ?
確か、第一回目はバトルボックスで、その時はペドに出てもらったんじゃなかったかな、、? てことは、第二回目がマッシュピットに出てもらった時だっけな、じゃあ三回目は、、?
んー、覚えてない、、。当然ながら、その時々の色んな出来事があったんだろうに、こうやって少しずつ忘れていくのでしょうね、、。

そういえば、フルーツの菊池君が、毎回何故かライヴが始まると同時に止まってしまう自分のビデオカメラを嘆いた「俺は思い出だけが欲しいのに、、」という言葉を、折々に思い浮かべます。
或いは、昔ハニーディップというバンドのドラムだった中原さんが、ライヴハウスのバックステージパスをスティックケースに貼りながら、「将来バンドが出来なくなったら、これを一枚一枚剥いで思い出に耽ろう」、みたいなことを言っていた10年以上前の出来事を、未だに思い出します。
もちろん、二人とも冗談として、ごく軽く言ってたわけなんですが、でも、何だか妙に記憶に残っているのです。
記憶から無くなった出来事は、最早最初から何も無かったも同じ、なんてのは言い過ぎですが、でも、やはり、こうやって記録に残さないと、それは結果的に無かったことになってしまいそうで。あぁ。


てことで、ざざっとレポです。

今回のアートブレイキー、今までに比べて僕的にはかなり正統派、というかストレートにロックな感じになると予想をしていたのですが、いやいや、何だかある意味いつも以上に濃密な一夜だったような気がしています。

b0054702_14113830.jpg最初のクラゲニコールから、僕は何故かいきなりクライマックスなムード。
田中君のTシャツには"モラトリアム"の文字。でも、すまこちゃんの余りに奔放で表情豊かなドラムに心揺れ動かされまくりで、むしろ凄く前向きな感じさえしました。
ネオアコや初期ティーンエイジファンクラブ辺りを思わせる楽曲も、何だか凄く新鮮で。ぶっきら棒に振舞わざるを得ないほど繊細な佇まいを含め、良いバンドだなーと改めて。今後どうなっていくのか楽しみなのです。

b0054702_14115537.jpg久々に観たマクマナマンは、まるで乱暴に回されるメリーゴーランドような鮮烈なステージでした。もう、何が何だか分からないような圧倒的な手数のドラムと、これまたヤバイ程のテンションで引き倒すギターに、文字通りグルングルンに振り回され、僕は楽しくてしょうがありませんでした。
でも、実は、かなり構築されてるんですよね、多分。細かに役割分担され、想像力豊かに展開していく楽曲。
トライアルエラーもまたそうですが、緻密な変拍子/譜割や変展開を説得力溢れる表現にするためには、そんな緻密さをものともしない圧倒的な肉体性と、まるで落書きのようにその緻密さを描く豊かな想像力が必要なのだなーと。
しかし、マクマナマン、色々と謎なバンドでした、、(笑)。

b0054702_14121396.jpgそして、その次の残響装置がまたカッコ良かった!!
僕は、実は初ライヴ。もう、本当にその雰囲気に引き込まれてしまいました。柔らかいストロークでギターを鳴らし、声を引き攣らせる菅野君は、まるでトム・ヴァーレインのよう。
しかし、何といっても曲が良い!! 例えば、ソニック・ユースやヨ・ラ・テンゴなどを思わせるバンドというのは、世界各地にそれなりにいるのでしょうが、それをこれほどソング・オリエンテッドな楽曲として機能させるバンドというのは、逆に余り居ないのではないでしょうか?
ていうか、何故僕は今まで出合う機会が無かったのでしょうか!? そんな僕の視野の狭さを本当に悔しく思います。
あぁ、そうだった、俺はこんなバンドがやりたかったんだった!!と改めて思い起こさせてくれる、それはそれはカッコ良いライヴでした。また観たい。

b0054702_14122839.jpgそんな残響装置の余韻が覚めやらぬ中、ワーストテイストのライヴへ。これがまた、もうなんと言ったらいいでしょうか、みんな凄い驚いていた、というかほとんど慄いていましたね。
本当に形容のしづらい独特のバンド。過剰なほどのテンションで放たれるギリギリまで削られたような音。威嚇せんばかりの無闇なシャウト。踊るに踊れないダンサブル・サウンド。極彩色の迷路のような奇妙な楽曲。
前のエントリーで書きましたが、以前、対バンした時は、例えば、DCサウンドだったり、ダーク・ニューウェイヴだったり、という形容が自然と思い浮かんだのですが、数年振りに再会した彼らは、本当に例えようのない独特のサウンドに進化していました。
敢えて言うならば、「クリムゾンmeetsダムド」とか? 違うかな? 或いは、以前アメリカにいたブレイニアックというこれまた独特で奇妙なバンドを思い浮かべたり。
今回レコ発ということだったのですが、CDの方も、聴けば聴くほど何だか解せないまま、妙に頭の中でリピートしてしまうのです。
これちょっとヤバイかもですよ。

そんなワーストテイストの、本当に奇妙なステージに引き込まれる頃には、あぁ、今日は僕らは出なくていいんじゃ、ていうか、出ない方が良いんじゃないか!?なんて本気で思ったほどでした(笑)。
その位どのバンドも一時も見逃せないような、そんなバンドばかりでした。イベントが終わって、今日は濃かったねー、と何人に言われたことか。
ちょっとショーケース的な感覚があったせいかもしれませんが、ともかく本当に純粋にライヴに没頭した一夜でした。

そして、忙しい中DJをやってくれた"DJ鬼畜"こと田尻さん、本当に感謝です!! レジデントDJの通行人は、なんだっけあの機械、まぁ、それで迷惑を掛けたジャンゴスタッフに、この場を借りて代理でお詫びします、、(笑)。

次のアートブレイキーは、8月のお盆です。ではまた。
[PR]

by marr_k | 2009-07-03 04:59 | Comments(0)