「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 12月 17日
素敵じゃないか
続いて四国より。

サイモン/mojoco


モロコ、本当に素敵でした!!
実は僕、今回のモロコの話をもらってから数ヶ月、彼らのmyspaceを何度訪れたことか!? 繰り返しアップしてある曲を聴き、もの凄くこの日のライヴが楽しみにしていたのです。
それこそリハで、ちょっと感動してしまったくらい(笑)。
アコギの豊かな響きと本当に透き通るような唄が、カホーンやスライドギターなどで彩られていく様に、すっかり魅入られてしまいました。

何と言うか、事前にmyspaceで聴いていた感触では、やはりサニーデイ・サービスやクラムボンなどを思わせる、非常に良質な日本のポップ・ミュージックという印象だったのですが、ライヴでは、ギターの指使いやその奥の方で流れるスライドギターの響きなどに、どこかフェアポート・コンベンションペンタングル辺りの所謂ブリティッシュ・トラッドな雰囲気があり、それもまた堪らない感じで。音源よりもスローなアレンジなのも良かったなー。
ちなみに、後で訊きましたところ、ジョニ・ミッチェルニック・ドレイクなどがフェイバリット、とのことでした、、。なるほど。

しかし、何と言っても唄の素晴らしさ!! こんなシンプルなアンサンブルで、僕らを惹き込んでしまうのは、何よりもその唄にあるのでしょう。これはやはり生れつきの才能なのか!?なんてちょっと悔しくなってしまうくらい(笑)。更には、相方ポールさんのマルチプレイヤーっぷりも素敵で。羨ましいなーなんて。

b0054702_0581873.jpgその日にようやくCDを手に入れたのですが、それも凄い良いですよ。風通しの良い絶妙なアレンジに思わず何度も繰り返し再生してしまいます。もちろん口ずさみながら(笑)。
東京の新進気鋭のレーベル、Perfect Musicより。皆さんも是非。こういう音楽こそ売れて欲しいな。



雨の日のカラフル/COET COCOEH


ココエさんも素晴らしかった!!
もう何でしょ、このクオリティ。一人で機材を操り唄う様は、ちょっと圧倒的なほどでした。マイクロコルグとネットブックだけで、何故ここまで!? 驚愕です。タクミ君も、「ココエ、ヤバイ」と何度も言ってました(笑)。
ちょっと遅めな時間からだったのですが、フロアは大盛り上がり。高島さんのミュージシャンとしてのプロ意識の高さも垣間見れる素晴らしいライヴでした。
そして、その確信犯的な(?)アレンジ。太い四打ちとハイハットがチリチリと響き渡るブリブリのエレクトロから、低空で行き交うシンセベースのうねり、クラフトワーク的なリズムボックス・サウンドなど、完全に自分のものに消化し取り込んでいるのです。
更には、というか、高島さんといえば、やはり唄!! 情緒を含みながらも敢えてファッションや情景を唄い込むことで、独特のバランスを生み出しているように思えました。
僕的に印象深いのは、アンダーワールド風なプログレッシブ・テクノ(ちょっと喩えが古いかな?)に、昭和歌謡的な唄を乗せ、祭囃子的な雰囲気を創り出すようなセンス。この辺も鋭いなー、なんて改めて。

ちょっと私事でアレですが、この確信犯的にエッセンスを取り込み、全く新たな表現を創り出せるその才能。最近そういうものを本当に羨ましく感じます。実は、僕にはそういうものがゴッソリ欠けているのです、、。

b0054702_134880.jpgてことで、もしかしたら余りフェアなレポートになっていないかも、、(笑)。なので、是非ともCDで聴いて頂きたい!!
高松へ移転した(?)Girlfriend recordより。選び抜かれた音の響きと凛とした唄とのバランスが最高です。


さてさて、当日から半月以上過ぎてますが、更につづく、、。
[PR]

by marr_k | 2009-12-17 22:42 | Comments(6)
2009年 12月 12日
取り急ぎ
FRESH」より。
新進気鋭!!

raindrops/a transparent girl


通称トラパレ、なのかな? 俺もそう呼ぼう。
トラパレを初めて観た時の、ちょっとカルチャーショック的な淡い衝撃から、もう暫く経ちますが、ホントに観る度に進化しているのです。観るごとに、こないだのライヴよりずっと良かった!!なんて思うバンド、そう無いと思います。
果たして今回も、前回観た時より圧倒的に良かった!! もう打ち込み含めアレンジがキラキラしてる。
僕的には、やっぱりドラムの、ゴメン、名前失念、、の自分へ打ち込み、みたいなドラムが好きだなー。

そして、そんなトラパレのイベントに出してもらいます。今月29日は是非!!
こちらについては、また改めて。


The rainy night,this sunnyside/Klagenicole


クラゲニコール!! こちらも素敵過ぎ。何だか胸が熱くなります。
何と言っても、すまこさんのドラムが堪らない!! なんて情感豊かなのでしょう。まるで、すまこさん自体が音楽みたい!!
ムービー片手に、気付いたらすまこさんばかり撮っていました(笑)。
そして、田中君。またまた「モラトリアム」ですが(笑)、文字通り(?)ほんの短い期間だけに放たれるような儚い煌き、そんな危うい雰囲気に魅入られてしまいます。彼の焼けっぱちのナイーヴさに僕らは胸を焦がすのです。
ホントに良いバンドだと思います。まだ観たことのない人は是非!! モラトリアムの季節が終わる前に。


んー、しかし手ブレが酷いな(笑)。まぁ、ご愛嬌ということで、、。今後はもっと上手く撮れるはず!?
あ、あと曲名を教えて下さい。


ついでに、手前味噌ではありますが僕らのも。

Niagara Night/Doit Science


んーイマイチ、、。ホントはこんなもんじゃないぜ!!なんてね(笑)。
撮影は久々のアフロチカ。ありがとう!!


さて、次回はゲストのを。乞うご期待。
[PR]

by marr_k | 2009-12-12 21:46 | Comments(4)
2009年 12月 01日
ミラーボール
b0054702_363078.jpgFRESH!! いや、最高でした。結構な長丁場だったのですが、時間が更けるほど異様な盛り上がりに!!

トリのダチャンボの2時間を超えるライヴが終わり、みんなクタクタで放心状態だったのにも関わらず、オーラスのDJ 888の余りにドープなプレイに、堪らずまた体を揺らし始める人が!!
結局何時だろ、撤収が済んでウエストでうどん喰って、家路に着いたのはすっかり夜明け前でした、、。

そんな最高に楽しい夜でした。関わってくれた皆さんに心から感謝です。
そして、ナバロのダイスケさん、タクミ君、お疲れ様でした!!

いやホントにどのバンド、DJも凄い良かったのですが、でも、今回の影の(?)MVPは、バンド間のDJをずっと担当してくれたDJミヤザキタカオことギャガルクランチの宮崎君ではないでしょうか!?
ダンサブルなものから思いっ切りアヴァンギャルドなものまで、かなりハイセンスなミックスで、この日のイベントの雰囲気を創り出してくれました。本当にありがとう!!って、ここを見てくれているか全然分からないけども、、(笑)。

などなど、色々と書くべきことは沢山ありますが、今回、実は僕、思い切ってムービーを導入致しまして、オノボリさんばり(笑)に一部始終(?)を動画に収めております。なので、それを追々小出しにしていけたらな、と。

で、今日はそのムービーで撮った写真から少し。あんまり画像良くないけども。

b0054702_37155.jpgb0054702_373942.jpgb0054702_375887.jpgb0054702_3103968.jpg

では、また近々に。
[PR]

by marr_k | 2009-12-01 03:25 | Comments(0)