「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年 12月 28日
隙間から覗き見る
年末だ!! ヤバイ。
取り急ぎこないだの動画です。

まずはこちらを。
森の奥のような密やかな雰囲気。ヒソヒソ話のような二人のやり取り。ほんの少しの音が耳元で響いては消える。
でも、そんな小さなメロディがずっと頭に残るのです。二人を取り囲む僕らは、まるで熊や狸や鳥のよう。いや蛙か(笑)!? 凄く良い。


踊って踊ってぼろになったくつ / いんぱらのヘソ



麦畑 / いんぱらのヘソ




そして、こちらも是非。
熊本を代表する不思議女子(笑)。これも良いですよね~。
ツジコノリコのカバーです。英題は”Alien" とのこと。


あの日に戻れない(Tsujiko Noriko cover) / Zemankova



アフロチカとはもう結構長い付き合いなので、中々フェアに感じることは難しかったりするのだけど、本当に良い声だと思います。こんな雰囲気で唄えるって凄いことなんじゃないでしょうか?
前にも書いたかもですが、昔一緒にやってたバンドで初めて音を合わせた時から、それはずっと密かに思っていて、でも、彼女特有の感受性の強さと、持ち前のガサツさ(笑)のせいで、うまく伝わりにくい印象だったのが、ちょっと歯痒かったりしたのでした。まぁ、そんな突っ走り気味なところが彼女の魅力でもあったのですが。
それが今、本当に良いバランスで表されているのです。2年前に観た時よりもまたずっとずっと。
このまま深化していって欲しい、ずっと良い唄を唄い続けて欲しい、と心から思います。


あ、レイチェルとイチさんの映像はちょっとお待ち下さい!! お楽しみに。



それとアレだ。もう年も押し迫っているので(?)、こちらの動画なんかもどうぞ!!
ちょっと日が経っちゃったけど「あそびのくに」より。


北署/小林どろり



何なんだこれは!? もう訳分からんけどメチャメチャカッコ良い!! やたらソリッドでジャンクな演奏と何故かナゴム系(?)なボーカル。実は全く期待せずに観たのだけど、いやもう正直ブッ飛んだ!! 今年一番の驚き。


もう一つこちらを。これもカッコ良いぜ!!


悪魔を憐れむ歌/ザ・フルーツ


ミリオンセラー!! キクチ君の顔!! サイコーだね。
ていうか、こないだナバロで観たフルーツが過去最高にカッコ良かった!! これから全盛期の予感。


てことで、今年も終わる!! 僕は10年振りゆっくりした年末年始を送ります(笑)。
またこないだのgigiのことを書き損ねた、、。もう一回更新しちゃおう。
[PR]

by marr_k | 2010-12-28 21:32 | Comments(0)
2010年 12月 23日
暗闇の奥で
b0054702_1441922.jpg思いのほか凄い遅くなってしまいましたが、アートブレイキー21、無事終了致しました!!
観に来て頂いた皆さんを始め、関わって頂いた方々、心より感謝です。本当に素敵な夜になりました。
年も押し迫ってしまいましたが、お礼がてらこの日のことを写真とともに振り返ってみようかな、と。

ちなみに他の写真はこちらからどうぞ。伝わるでしょか。

いやしかし、この日はなんと言ってもレイチェル・ダッド。素敵でしたね。もう素敵過ぎ。
レイチェルのまるでこの世のものとは思えない可憐さに「リアル森ガール!?」なんていう人も多数(笑)。
いや実際、ホントそれくらい素敵なライヴでした。

実は、この日のリハでセッティングを色々と試していて、最初PAからギターを出したりしてボーカルとのレベルが~とかやっていたのだけれど、どうもしっくりこなくて、何気にコンデンサーマイク一本で唄もギターも拾ってみたら、もう一発でそれに決定。一瞬で空気が変わってしまったのでした!!
さすがリアル森ガール、唄と少しの楽器の音だけで、ごく自然に空気を鳴らせるのです。

僕らはみんな、そんなレイチェルの素敵な唄と彼女の愛らしい姿にすっかり魅せられてしまいました。


b0054702_1453658.jpg一緒にツアーを回っているICHIさん、レイチェルの旦那さんとの事(!!)、のライヴも楽しかったなー。朴訥としていて、ちょっとトボけた味わいのある佇まいが堪らなかったです。
スピーカーからラジカセ?なんかも組み合わせた自作の機材で奏でられる、んー、なんて言ったら良いんだろ?例えば初期のベックのようなロウファイ・ヒップホップ的なものもあったのだけれど、 僕なんかにはレジデンスとかちょっとその辺の捻れたユーモアも多分に感じられる、ちょっと実験的、というか何というか「科学の実験」(?)みたいなイノセンスにも溢れた、そんな素敵なパフォーマンスでした。
もっとたっぷりと観たかったなー、なんて思ったり。

b0054702_147434.jpgそして、福岡からのゲスト、いんぱらのヘソ。これも素敵でしたねー。
本当に森の奥の木の陰でヒソヒソと女の子達が話しているようなそんな雰囲気でした。
二人で気の向くままに音を鳴らしながら、その日にあった出来事を何となく話したり、下らない冗談を言い合ったり、時には悩んでいることをちょっと遠回しに相談したり、お互いがお互いに何気に勇気付けられたり、そんな二人の様子を木々の隙間からこっそりと覗いているような、でも、それが何だか凄く楽しげで思わずニヤニヤしてしまうような、素敵なライヴでした。
あと、やっぱり曲が良いんですよね。どういう風合いで創られているのか全く見当も付きませんが、凄くスポンティニアスで、でも凄く示唆に富んでいるようなそんな不思議な曲なのです。一度聴くと暫くは頭から離れないような、そんな中毒性の高さも。ちょっと怖い、というかおどろおどろしい雰囲気も良いですよね。
早く音源作って欲しいです、マジで。

b0054702_1591724.jpg久々のライヴだったゼマンコヴァことアフロチカのライヴは、ちょっとバタバタしててきちんと観れなかったのだけど、ほぼ二年ぶりだったのかな?そんなブランクを感じさせない、というか、独特の世界観をじっくり聞かせることの出来る凄いクオリティの高いパフォーマンスだったように思いました。
パートナーの某イッチさん無しで一人でやっていたこともあるのかもしれないけども、より焦点が絞れていて彼女の唄の良さ、そして曲の良さがすーっと観る人に伝わるような非常に良いライヴだったのでは。ギターも上手くなってたしなー。ちょっと今度はもっとじっくりと。
ていうか、ダンボール二箱くらい機材を持って来ていて、うわぁ、一人で色々大変だなぁ、なんて思ったら、ほとんどが楽器じゃなくてなんかよく分からんトナカイの角とかヘンなヒラヒラとか小道具ばかりってなんだそりゃ(笑)。

b0054702_25297.jpgあと、そうこの日はピーナッツレコードのイデさんにDJをお願い致しまして、これまた良い雰囲気を作って頂きました。ありがとうございます!! そして、おめでとうございます(笑)!!
それと、ロウソクを提供して頂いた方々、こちらも感謝です!! 多分ロウソクは初、かな? 凄く幻想的な雰囲気がこの日にピッタリでした。
更に、レイチェルとICHIさんのツアーのマネジメントをされていたOffice-Glasgow安永さん、ありがとうございます!! そしてお疲れ様でした!! 今後ともヨロシクお願いします。
ちなみに、打ち上げは最近流行り(?)のぼんぼりにて。久々に熊本へ帰ってきたツッチー(from Go Team!!)も交えて、何だか国際的な(?)楽しい一夜でした(笑)。


てな感じで、皆さんにお礼がてら軽く、とか言いながら何だか長くなっちまった、、。
実はこの日の翌週は、新しいgigiでのライヴだったのですよ。それもまた凄い楽しかったので、その事も書こうと思ってたのに、やっぱりちょっとまた後日に。それも年内に。
[PR]

by marr_k | 2010-12-23 01:42 | Comments(1)
2010年 12月 06日
Art Blakey#21
もう今週です。改めてお誘いを。

10/12/9(Thu.)
『Art Blakey#21』~Rachael Dadd & Ichi 「Clapping Tour 2010」~@NAVARO
open 19:00 start 19:30
ticket:¥1800(1D.order)


cast:
Rachael Dadd(ブリストル)
ICHI(名古屋)
いんぱらのヘソ(福岡)
Zemankova
Doit Science
DJ
・IDE(peanuts records)
TsuKoNin(aka PaiSen)


まずは、英国はブリストルからのゲスト、レイチェル・ダッド。

b0054702_343475.jpgRachael Dadd(レイチェル・ダッド)
英国・ファーナム出身。ブリストル在住。ギター、バンジョー、ピアノを演奏。
17歳でファーストアルバムをリリースし、音楽活動を本格始動。04年からブリストルに移り、WHALEBONE POLLYやTHE HANDなどのサイド・プロジェクトも開始。また、ハンドメイド・ブランドMAGPIEを立ち上げ、音楽や手芸など幅広く精力的な創作活動を行なっている。ソロとしては3枚のアルバムと、ミニアルバムを発表。
カフェやギャラリー、シネマ、走行中の列車内などでのライブが口コミで評判を呼び、全国35カ所以上でのライブを実施。MAGPIEブランドやアートワークのエキシビジョンも各地で行い、大きな反響を呼んだ。また、GONTITIの30周年アルバム「VSOD-very special ordinary days」に唯一のゲスト・ヴォーカルとして参加している。



レイチェルは、これまでに二度熊本にも来てまして、僕は、その二回とも観たのだけど、ホントに凄い良いですよ。
心洗われる歌声と佇まい。初回に観たときは、本当に何の予備知識も無く観たのですが、すっかり魅了されてしまいました。
ちなみにその時のレポートがこちら。参考までに。2年ちょっと前なのですね。

僕の曖昧なレポートだけというのもアレなので、こちらもどうぞ。なんと最新の映像です!!



良さげでしょ? もうこれは是非観ていただきたいです。生で観るとまた格別ですよ。空気感が違います。


そして、この映像でレイチェルの後ろでスティール・パンを演奏している男性がICHIさん。
まずはプロフを。

b0054702_3462952.jpgICHI
2005年、1stアルバム「mono」をcoupレーベルからリリース。
沖縄から北海道まで全国各地でライブを展開し近年では、イギリスを中心にオランダ、ベルギー、フランス、ドイツ、スイス、イタリアでツアー行い、UK最大規模のグラストンベリーフェスティバルに2年連続出演するなど精力的に活動中。
スティールパン、木琴、鉄琴、トランペット、メロディカ、風船、タイプライター、声、自作楽器などを一人で自在に演奏し、おもちゃ箱をひっくり返したようなステージングをみせる、ひとり楽団ICHIのリトルワールドポップミュージック!!!
2010年11月に2ndアルバム「memo」をリリース予定。


この方は名古屋在住なのかな? のうしんとうというダブっぽいバンドにも参加されている模様。
確か少し前に福岡には来られたことがあって、僕は結局観れなかったんだけども凄い気になっていたのです。こちらも映像をどうぞ。



楽しそうでしょ?
様々な楽器を、そして楽器じゃないものまで自在に操って、自由な音楽を奏でるICHIさんのパフォーマンスは必見ですよ。ユーモア満載で、ちょっと大道芸っぽい雰囲気がまた良いなー。


更に今回はゲストがもう一つ。福岡よりいんぱらのヘソ。

b0054702_3494214.jpgいんぱらのヘソ
有田桃子とさのようこ。チェロとタイコと声の掛け合い。ひっそり静かに奏でられるアンバランスなメルヘン。そっと聞き耳を立てて、隙間からこそりと覗いてみて下さい。


いんぱらのヘソは、こないだの8月にUTEROでご一緒しまして、それが凄い良くて、思い切ってお誘いしてしまいました。もうホントに独特の世界。
何というか、本来の意味でのメルヘンというか、ちょっとおどろおどろしい感じがまた凄く良いのです。耳を澄まして聴いてほしい。一気に惹きこまれますよ。


そんな豪華ゲスト陣に対しまして、地元からは久々にZemankova(a.k.a アフロチカ)に出てもらいます。

b0054702_3505895.jpgZemankova
結婚~出産を経て、独特の感性がより研ぎ澄まされたアフロチカによる一人ユニット。
日常と非日常の境を漂う寓話的フォークロア・サウンドは多くのアーティストを魅了している。


何だか今回新兵器導入とのこと!? ますます独自の世界に深みが増している模様です。
最近また以前のように音楽やアートへ没頭しつつある彼女のライヴは見逃せません。


もう一つ。この日はもうお一方ゲストが。先日のトークライヴも盛況だったお馴染みpeanuts recordsイデさんにDJをやって頂きます!!
遂にお子さんが生まれたばかりのイデさんに、幸せをお裾分けしてもらいましょう(笑)。
あ、もちろんレジデントDJの通行人もいますよ!! 最近はすっかりパイセンとして各地でリスペクトされている模様。プレッシャーをガンガン掛けましょう(笑)。


こんな感じで、特別な夜になりそうです。この日は、PAを最小限に抑えて、出来るだけ生の音を聴いてもらえれば、と思っています。是非。
[PR]

by marr_k | 2010-12-06 03:56 | Comments(1)