「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2011年 04月 11日
Newジェネレーション
いや何だかすっかり滞ってしまいましたが、実は書くべきことは結構あるのです。

スケジューラー見つつ先月からズズっと振り返ると、そういや全く触れてなかったけど何故だかtrial error/ジュン君と二人で、福岡はgigiでトークライヴを行ってきました。ってもう大分前ですね、、。
なので、内容はもうあんまり覚えてないのですが(笑)、gigi/DanroのDRGNをホストに、何だかんだと結構有意義に話した記憶があります、、。

そう、そうだ、そこで眩しいくらいに将来有望なAsoboys/園田くんNico&Megっていうナイスなギターポップ(?)バンドをやってたオマー君(ゴメン本名知らない、、)のブリリアントな九大コンビが来てくれて、専らその二人に助けられる形で進行したのですよ。んで、何を話したかはもうアレなんだけど、そのブリリアント・コンビが非常にスマートで、あぁ、これはまさにNewジェネレーションだなー、何て思った次第。
何というか、感性が新しい、というより情報の処理のルーチンが僕らの頃とは全く違うのだな、と。
現在の圧倒的な情報量を享受する、そしてそれを捌く(分析/取捨選択)だけではなく、その情報の中からある種の価値基準を自然に浮かび上がらすことが出来る能力、というか、、。

膨大な情報にまみれて本来のものを見失う訳でもなく、かと言って、在りものの価値基準に左右される訳でもなく、その膨大さから自然と生まれる秩序というか、あ、例えばアレですよ、ヒヤリング・マラソン的なやつ、英会話の教材かなんかの(笑)。何百時間かバーっと英語を聞き流してると、ある瞬間に意味を持って聞こえだす、とかそんなやつね。
なんかそんな感じで、カオスだったものがいつの間にか生まれた新しい価値基準によって整理される、みたいな。違うかな!? まぁ、いいや。
で、何が言いたいかというと、彼らNewジェネレーションには、だからこそその生成能力を脅かすくらいの不確定要素的情報が必要なのではないか、ということ。ってそんなこともう分かってるしチェックしてるよ、って感じかもですが、、(笑)。

ていうか、こんなのただのやっかみですね、純粋に羨ましい、、(笑)。最近俺こんなの多いなぁ。

で、いきなり近々に飛びますが、先日あったtalkトイポアのレコ発イベント。これがまた凄く良かった!!
これはもうまさにNewジェネレーションの圧倒的な幕開けを感じさせられるものでした。
ちょっとトイポアは見損なってしまったのだけども、何よりも初めて観た北九州のAZMA Shoegaze Explosionの圧倒的なカッコ良さ!!
バンド名通り、確かにシューゲイザー的要素は強くはあるのですが、それ以上に楽曲や演奏のクオリティが尋常でなく高い!! 
これまでの所謂シューゲイザー的バンドは、どうしても雰囲気優先であったり演奏がヘボかったり、或いは逆にやたら構築美であったりディテールに拘泥したり、まぁ、それはそれで良いものは良いのですが、でも、AZMA~は、唄やコーラスを筆頭にアレンジが非常に絶妙で、演奏も凄いタイト。楽器の鳴りも素晴らしく、更に、何というか、観ていて所謂ロック的なカタルシスを感じるくらいステージングもカッコ良かったのです。
いやー、ホントに良かったなー。もうまたすぐにでも観たいくらい。

そして、実はこないだ僕らが呼んでもらった主催イベントのときのレポで書きかけててそのままになってたんだけど、Asoboys、こちらもまた良かった。
何だか本当にアメリカのカレッジ・バンドみたいな佇まい。それも、映画アメリカン・グラフィティを思わせるような儚くて切ないキラキラ感。
本人達が意識してるかどうかは分からないけど、メロディやリズムが50~60年代のオールディーズというか古き良きアメリカン・ポップぽいのがまた良いのです。
ちょっともっさりとしたリズムにシンプルなアレンジと甘いメロディ。そして、それにたっぷりと振りかけられたエコー。

そういえば、前述のトークライヴのときに園田君がもっとポップに、もっと多くの人に受け入れられるような音楽を作りたい、と言ってたのだけど、あぁ、こういうことなのかも、と何だか嬉しく思いました。

んで、talkについてはちょっとまた後日。折角なのできちんとCDのレビューを書きたいなーと思っているので。

b0054702_15144065.jpgそれとレコ発といえば、熊本が誇る酔いどれ詩人?Klagenicole/田中率いるMice Wet Shoes!! 
実は、僕は録音などを担当させてもらったのですが、CDが完成しております!!
いやこちらもマジで良いです!! ミックスで100回くらい聴きましたが、聴けば聴くほど、の素晴らしさです。
こちらについても、あらためてまた書きたいと思います。

そしてそして、何と僕らDoit Scienceは、&records震災ベネフィット・コンピに参加させていただきます!!
こちらもちょっとまた後日にきちんと。凄い面子ですよ!!

更にもう一つ、前述AsoboysのギタリストYuitz君が運営するオンライン・ミュージック・ショップ「YTC RECORDS」にてドイの音源を扱っていただけることになりました!!
ホントにありがとう!! こちらも是非チェックを。

最後に。
来週末4/16(土)は、イースタンユースの吉野さんのソロプロジェクト、Outside Yoshinoとご一緒させていただきます!!
先月gigiで、ちょっとライヴ音源をDRGNに聴かせてもらったのですが、凄い良さげですよ。何だかUSインディーぽかった!! 想定外(笑)!!
こちらについてもまた書きます。

では、またです。
 
[PR]

by marr_k | 2011-04-11 04:18 | Comments(0)