「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013年 01月 02日
夢じゃない
b0054702_1171538.jpg13/01/13(Sun.)
【Art Blakey#31】@NAVARO
-The Kinsella Family Japan Tour 2013-


open 20:00 start 20:30
ticket adv.2500yen / day 3000yen (+1D.order)

special guest:
・Joan Of Arc(solo) a.k.a. Tim Kinsella
・BIRTHMARK a.k.a. Nate Kinsella

supproted by:
・Autumnleaf(福岡)
・talk
・Doit Science

DJ:
・Yasu-Pacino(K.U.C/FIGARO)
・TsuKoNin(aka Paisen)




なんと、ティム・キンセラがナバロに来ちゃいます。
もはや現実感がちょっと沸きませんね、、。

実はもう9年目(!?)を迎えるこのブログにおいてティム・キンセラ、そしてJoan of Arcについて、僕は一リスナーとして、一人の熱心な音楽ファンとして何度も書いてきてますし、また、ミュージシャン/アーティストの端くれとしても一番直接的に影響を受けた人、といっても過言ではありません。
実際、僕的には完全に影響を受けたと言える音楽ってそう多くはなくて、それこそヴェルヴェッツ、ニールヤング、デヴィット・ボウイ、レッド・クレイヨラ、ビーフハートなど"偉大なる巨人"達と並んで、Joan of Arcには大きな大きな影響を受けてきました。
つまり僕の心の"琴線"そのものの成り立ちに関わってきているのです。そんな音楽ってそうはないです。

あと、どうでも良いけど実はティムと僕はなんと同世代!! ティムが1,2個上とかそんな感じだったかな?
ていうか、Cap'nJazzの時にまだ全然ティーンエイジャーとか凄過ぎでしょ、、。

今回は、そのティムだけじゃなく、ネイトも一緒に来てしまいます。
キンセラ一族はティムやマイクを初めとして、おかしな才人ばかりなのですが、このネイトもまたイカレてますね(笑)。
一番インパクトがあるのは、やはりメイク・ビリーブでのドラムとキーボード同時演奏でしょうか。もう訳分かんなくて、マルチプレーヤーとか体の良い言葉に収まるようなそういうレベルではないですね、、(笑)。
この人がソロでやっているのがBirthmark。これがまた素晴らしいのです。
ティムとは勿論、マイク/owenとも違った洗練、というか品を感じさせる唄心路線をみせてくれます。
でも、どんなライブなのかは全く見当が付きません、、。

という感じで、こんな二人が、アメリカはシカゴからこんな辺境の国の辺境の町にあるナバロまでやって来てくれるのです。本当にこんな機会内と思います。

もう3年前でしょうか、博多住吉神社の能楽堂でティムとマイクと一緒にやらせてもらいました。
その際も、凄い寒かったせいもあったのか、ホント現実感が薄かったのですが、それが今度はナバロですよ、、!?
いやホントあり得ないです。

更に、福岡からAutumnleafが本当に久々に来てくれます。これもようやく実現。
地元からはtalkがなんとアコースティックで!? これも超レアでしょう。
前日博多では緒方君のソロもあるとのこと。

DJには、僕らのSpy vs Spyのリミックスや新しいシングルやミックスCDが本当にもの凄い話題になっているヤスパチさんをゲストに迎えます!!

本当に素晴らしい夜になるでしょう。是非に。
[PR]

by marr_k | 2013-01-02 02:24 | Comments(0)