「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2013年 05月 24日
東京2Day 2013
東京2Days!! 本当に素晴らしい企画に出演させてもらいます!!
七針もグッドマンも僕にとって憧れの場所と言っても過言ではないぜ!!
感謝。

13/05/24(fri.)
Doit Science@八丁堀七針 【奉納1】

open 18:30 start 19:00
ticket 2000yen/2300yen
※定員35名
with:
・mmm
・スッパマイクロパンチョップ
・シラオカ(名古屋)


13/05/25(sat.)
Doit Science@秋葉原CLUB GOODMAN
[-トリプルファイヤー自主企画vol.3-JOYSOUNDS]

open 18:00 start 18:30
ticket:2000yen(+1D.order)
with:
・空間現代
・extruders
・トリプルファイヤー


それと、実は僕らの物販で僕らだけじゃなくて熊本のバンドの音源も扱っております。
ちょっとその紹介も少し。どの音源も本当にオススメです!!
熊本以外では手に入りにくいので、ちょっとでも気になる方は是非!!


b0054702_2534721.jpgzankyo-souchi / S.T

90sUSインディーの良質なエッセンスが鳴り響くハイクオリティな楽曲とタイトなリズム隊に絡みつく研ぎ澄まされたギター。そして、淡々とした演奏が徐々に微熱を帯びていく様が堪りません。活動8年にして遂に完成した初音源!!
例えばSonic Youthやyo la tengoのようなバンドは沢山いるのかも知れませんが、ここまでソング・オリエンティッドなバンドはちょっといないのでは!?
ブッチャーズの吉村さんにも激称された彼らのCDを是非!!


b0054702_2532829.jpgMice Wet Shoes / Improper Paranoia and 8 caprices

今も各地で熱狂的なファンを持つKlagenicoleのリーダーで、熊本が誇る酔いどれ詩人、田中が率いるアンサンブル・ロックバンドの2nd。
練り上げられた端正な楽曲に漂う圧倒的に覇気のない歌が、逆に豊かな詩情をぽっかりと浮かび上がらせる稀有なバンド。
どこか甘酸っぱさを感じさせるアップテンポな曲ももちろん良いですが、やはりこのバンドの真骨頂はスローで静かな曲。淡々とループしながら折り重なっていくキーボードと所在無い歌声に惹き込まれてしまいます。


b0054702_25353100.jpg小林どろり / S.T

ポストパンク~New Waveマナーのやたらソリッドなリズム隊にどこかナゴムテイストを感じさせる「サブカルこじらせ」系女子二人が悶える奇天烈バンドの最新作。ギターの小林が描いた同人漫画に5曲入りCD-Rが付録で付いてきます。
リズム隊のカッコ良さもさることながら、謎なほど天然で鳴りの良いギターとむず痒くもリアルでナンセンスな歌詞が中々クセになります。
漫画については敢えてノーコメント(笑)。読んでからのお楽しみ...。


b0054702_253389.jpgnahuelito / 1st recordings

熊本インディペンデント・シーンの良心、ソングサイクルの田尻精(ex.Johnny Dee/101Dalmatians)を中心としたネオアコ~ギターポップ~Mid90'sバンド。繊細で陰影豊かな詩が鮮やかに躍動するサウンドは好事家の間で密かに話題になっています。
ネオアコ直系の複雑で洒脱なコードワークとレモンヘッズやベルベット・クラッシュあたりを想起させるやかましくも爽やか演奏。そして、朴訥と歌われる悲哀溢れる詩がしたたかに胸を打つ傑作集。


[PR]

by marr_k | 2013-05-24 03:00 | Comments(1)
2013年 05月 01日
奴らが来る
b0054702_23334523.jpg13/05/04(sat.)
Doit Science@Kumamoto NAVARO
【Good Intensece】

open 20:00 start 20:30
charge 1800yen/2000yen(+1D.order)
※県外割/学割:500円引き
with:
・トリプルファイヤー(東京)
・ヤーチャイカ(東京)
・酔いどれフリーク
・小林どろり
DJ:
・DRGN(SHINOGI RECORD)



■ガンダーラ / トリプルファイヤー

[PR]

by marr_k | 2013-05-01 23:36 | Comments(1)