2006年 08月 29日
こんなものを聴いた4
 こうなったら、お次はテニスコーツです。もう何度も書いてますが、ここ数年来のフェイバリット。ホントになんでテニスコーツはこんなに素敵なんでしょう!?

 一応基本的情報としましては、さやさんと植野さんという夫婦を中心とした東京の不定形のユニットで、マジキックというレーベルもやっています。先述のマヘルとの関係も深く、メンバーとして参加したり、アメリカやヨーロッパをツアーしたり、或いはマジキックからのリリースもあります。
 て感じで、僕もそこまで詳しいことは知りません。東京は遠いな、、。ていうか、まぁ、なんとなくネットやら雑誌なんかで一応知ってますが、そんなことはどうでも良いじゃないですか。ともかく、彼(女)らは、これまで何枚かのCDを創っていて、それがとても素敵なのです。

b0054702_127948.jpg テニスコーツを初めて聴いたのは、当時一緒に17erという荒々しい(?)バンドをやっていたアフロチカから突然CDを貸されたことからでした。何故アフロチカが僕にそのCDを貸すことになったのかは、全然覚えてないのですが、おそらく全く突然だったと思います。僕は、例によって雑誌とかでマジキックという何とも言えないレーベル名とテニスコーツというこれまた何とも言えない脱力した名前を知ってはいたのですが、特に興味を持っていたわけでもなく、誰かとそんな話をしたでもなく、凄く不思議に思った記憶があります。で、何となくテニスコーツというバンドはギターポップみたいなのではないかと勝手にイメージしてたので、全く期待せずに、まぁとりあえず借りたから聴くか、くらいの感じで聴いたんだと思います。それが、"テニスコーツのテーマ"というミニアルバム。2000年リリースだそう。レーベルはもちろんマジキック。
 んで、聴いてみて最初の印象としては、いい感じにのんびりしたポップ・バンドだな、というものだったでしょうか。所謂ロウファイ(この表現は今有効なのでしょうか?)でシンプルな演奏と割りにポップソングの定型に則った曲に、メロディを一生懸命追いながら唄うさやさん純朴な声。ちょっと昔のアイドルチックな声だなと思ったり。仲間で遊びながら創りました的な内輪乗りな雰囲気も感じつつも、なかなか良いじゃないかとか思いながら何度か聴いているうちに、いつの間にか堪らない魅力を感じるようになりました。

 この魅力は何なんでしょうか。確かにマヘルも含めてマジキック周辺(という言い方をしてもいいのかな?)の人たちには、良くも悪くも内輪乗りな雰囲気があります。んで、僕は基本的に内輪乗りなものは余り好きじゃないのです。内輪乗りのものの多くが、自己満足的で結果的に表現のレベルが低いものが多く、酷いものは、怒りを覚えるほど酷いですから。僕ら楽しげでしょ?みたいな。そういうのは、自己満足的でありながら自意識過剰だったりする。卑屈なくせに傲慢。うまくいかないときの為に、自分が楽しければいいから、という言い訳が既に用意されている。
 でも、このマジキック周辺には、僕はちょっと憧れというか羨ましさを感じるのです。その内輪乗りがそのまま世界に広がっているようなそんな感じ。単純に表現の質が高いというのもあるのでしょう。例えば、パステルズを中心とするグラスゴー一派。カルビン・ジョンソン率いるKレーベル。昔であれば、ロバート・ワイアットを始めカンタベリー・ミュージック。どれも、内輪乗り的でありながら、自分の好きなだけを続け、結果的に世界へと広がっているような。特に、グラスゴー一派は10年位前まで(多分カート・コバーンが死ぬまで)は、批判されてたりしましたね。
 マジキック周辺には、そんな羨ましい内輪乗りを感じるのです。特に、音楽性を含めてカンタベリー・ミュージックに近いものを感じます。あと、誤解を恐れずに言えば、60年代の学生運動の時の緩やかな左翼グループのような。(ノンポリというのは、本来リベラルで穏やかな左寄りの思想の事を指すのではないでしょうか、、?)
 まぁ、ともかく僕は、仲間で楽しく音楽を創りながら、それが表現として質が高いものになるということに、凄く憧れるのですよ。彼らが不定形で課外活動が多いのは、周りに素晴らしいミュージシャンやアーティストが集まり、それが言ってみればコミューンのような感じになっているのではないのかなぁ、と遠く九州から想像するわけです。

b0054702_1273985.jpg ちょっと話が逸れましたか? ともかくテニスコーツは素敵なのです。その後の作品も凄く良いです。最新作は"ぼくたちみんなだね"。結構凄いタイトルですね。ちょっとスピッツの名作2nd"名前をつけてやる"を思わせます。そんな根源的な暴力性。そういえば、"テニスコーツのテーマ"では『人間は音楽です。』という驚きの名フレーズがあります。スゲェ。
 お二人が参加している作品も素敵なものばかり。マヘルは言わずもがな、DJ Clockとさやさんがやっているcacoyや、二階堂和美嬢と一緒に出したにかスープ&さやソースもちょっと驚きでしたし、関連作では、アンデルセンズや二階堂さんの新譜も素晴らしかった! 是非。

 昨年だったかテニスコーツのライヴを観ることが出来ました。このブログでも少し書いたとおりライヴ自体は個人的にはアレだったのですが、ライヴを観て思ったのが、やっぱりテニスコーツというはさやさんがメインなんだということ。僕は、この人はどんどん表現としてストイックになっていくのではないかな、と思いました。ライヴでも少し感じましたが、自分の声を楽器と捉え、それを媒体としたボイスパフォーマンス的なものなど、更に抽象的になって、ダイレクトに表現の本質を表そうとするのではないのかな、と思いました。
 テニスコーツの魅力というは、そんな自然体の前衛性にあるのではないでしょうか。羨ましいな。
[PR]

by marr_k | 2006-08-29 01:29


<< こんなものを聴いた5      こんなものを聴いた3 >>